フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

千葉県の城館

2020年2月10日 (月)

船橋市をゆく

今日は寝坊すると決めていた。
去年のこの時期も毎週のように千葉へ出かけていた。
佐倉や四街道は言うに及ばず
館山、久留里、八日市場、成東と房総を東奔西走したものだった。
その代償は大きくて5月ぐらいまで疲れが取れなかったですからね。
だから今年は下総中心でちょこまかと。
 
11:27 高根城(千葉県船橋市)
100_0007_20200210172801 土塁
以前は中心部は見ていなかった。
今回はじっくりと遺構探し。
意外と残っているものだなと。
 
12:08 金杉城(千葉県船橋市)
100_0049_20200210172801 虎口
こちらも同様にさらっとしか見てなかったので。
高根城と比べると見学しづらいっす。
主郭の絶景スポットも家が建っちゃったのでね。
 
どちらも18年ぶりっすわ。
懐かしさはまったくなくて初めて来たようなもの。
これで船橋はもう小野田城だけですが遠いな。

2020年2月 4日 (火)

今年もまた千葉強化期間

連休の初日で天気も良さそうなので出かけることにした。
かなり久しぶりの柏市である。
 
7:17 増尾城
100_0025 二の郭 土塁
12年ぶりだから干支一周。
小ぶりだけど良く残っているよねぇ。
 
7:59 幸谷城
100_0052_20200204153601 主郭 土塁
ここも12年ぶり。
そのときはまだ民家だったので外周しか見ていない。
土地を柏市が買い取ったのかな。
案内板や表示板があってとっても良かった。
今日はここがいちばんの目当てだった。
 
8:42 藤心陣屋
100_0085_20200204153601 石碑
遺構はないのかな。
台地縁は土塁なのかな。
とにかく石碑があればいいかな。
 
8:57 高柳城
100_0106 土塁
県道がぶち抜いてしまっている。
西側はちょっと入りづらいので東側を中心に。
土塁と虎口が残るが内部は猛烈な竹林。
 
9:59 高柳中台城
100_0117 土塁
台地上は墓地になってほとんど消滅。
たぶん土塁じゃないかなぁ。
 
藤ヶ谷城はちょっと遠いのでパスね。
帰りが面倒になるし。
手賀城あたりまで行こうとしたけど、
これだけでも15キロぐらいは歩いてるので
途中で疲れちゃって高柳駅から帰った。
東武野田線と東西線なので電車賃が安く上がった。
だから明日もどっか行こうかな。

2020年1月15日 (水)

2400

節目の2400城訪問をどこにしようかと思案した。
昨年秋からけっこう遠征しているので遠出はせず、
できれば地盤である関東でと決めていたが、
1年前に訪れずじまいだった犬成城を選んでみた。
 
8:49 犬成城(千葉県市原市)
100_0033 主郭跡の土塁
藪をかいくぐり倒木を越えるのが大変だった。
でも農道から比較的アクセスは楽である。
主郭と二の郭は見事なものだったが、
なぜか土塁は全周していない。
堀底へ降りようと思ったが猪がうるさいからやめた。
 
9:24 犬成向山城(千葉県市原市)
100_0045_20200115175801 主郭跡の土塁と空堀
ここを探すのは大変だった。
とにかく倒木で進めない。
思えば去年も一昨年も千葉は台風でひどくやられている。
やっとのことで見つけた土塁と空堀だが、
遺構は本当にこの一点だけに集約されている。
 
12:14 花輪城(千葉県船橋市)
100_0074_20200115175901 土塁と空堀
ちょっと離れた場所なので敬遠していた。
駅からは近いのでついでに立ち寄る。
城というより一時的な陣地なんでしょうかね。
 
今日はここまで。
さすがに上総は遠いっすわ。
あとは大多喜城と気が向けば勝浦城ぐらいかな。
遠いし藪だらけだし倒木だらけだし。

2019年3月25日 (月)

また千葉でどうだ

今年何度目だろう。
少なくとも7回目ぐらいだと思うがまた千葉へ。
前々から坂田城は一度見ておきたいと思っていたので。
 
8:47 浜手城(千葉県山武郡横芝光町)
100_0015土塁
手始めは坂田城の支城浜手城。
取るに足らない小さな砦だが遺構はあった。
 
9:04 坂田城(千葉県山武郡横芝光町)
100_0042二の郭 虎口の土塁
ようやく念願叶い訪れた坂田城。
噂に違わぬ巨大なスケールには感嘆した。
だけどね、ただ大きいだけという感じしかなかった。
例えるなら晩年の曙太郎かな。
 
10:35 要害台城(千葉県匝瑳市)
100_0071現況
丘の上は宅地だらけで何もない。
旧八日市場城とでも言うべき城か。
 
10:40 匝瑳城(千葉県匝瑳市)
100_0073現況
匝瑳高校敷地となりここも遺構はない。
保険センターあたりの台地裾がちょっと城っぽい。
 
10:48 八日市場城(千葉県匝瑳市)
100_0112堀切
天神山公園となっている。
城跡だったことを示すような案内板はない。
地形はまずまず残っているし、こんなものかと。
帰りは南側斜面から下りたがここは手つかずで良い感じだ。
 
13:00 津辺城(千葉県山武市)
100_0143主郭の空堀
かなり手強い藪だったがここは凄かった。
坂田城の記憶が飛ぶぐらい良かった。
二の郭は杉林だから歩きやすいが主郭はもうとても。
 
13:39 富田城(千葉県山武市)
100_0175主郭の土塁
近いから何となく立ち寄ったが、
なかなか良かったと思う。
ちょっと陰鬱な感じが好きだ。
 
14:09 成東陣屋(千葉県山武市)
100_0185現況
陣屋跡は石碑や案内板もない小さな公園。
でもここだけ宅地化しないのは何となく好き。
 
14:14 成東城(千葉県山武市)
100_0198主郭の土塁
今日は気合十分だったらしい。
いつもなら成東を素通りして帰宅したと思う。
成東城は予想を遥かに上回る遺構だった。
とても気に入ってしばらく長居した。
 
千葉も少し飽きてきた。城跡ではなく道中が。
毎度の西船橋乗り換え千葉経由ってのが飽きた。
でももう一度ぐらい行くと思う。

2019年3月17日 (日)

くるりんぱ

房総半島攻略は飽きもせず続く。
館山まで行けばもう何も怖くない。

9:28 久留里古城(千葉県君津市)
100_0023 二重堀切
城山トンネルから舗装路を行くなんてことはしない。
そこから尾根へ上がりまずは古城へ。
車道で破壊されている久留里城より凄かった。
こんなに明確な遺構があるとは思っていなかった。

10:14 久留里城(千葉県君津市)
100_0121 本丸
古城を見たあとだから少し残念な部分が多いが、
こっちも負けず劣らずの名城だった。
尾根の先端までヤマビルも忘れて駆け抜けたが、
とても立派な城だと思う。
近世の三の丸はさらっとしか見ていない。つーかどうでもいい。

先日の館山城がまったく霞むほどの凄い城だった。
上総恐るべしである。
さすがにそろそろヤマビルが出そうな感じがするので打ち止めか。
次は銚子か勝浦か。

2019年3月12日 (火)

爽やかな大人の辛さ

サニー千葉へのアタックは続く。

9:19 稲村城(千葉県館山市)
100_0059 主郭跡の土塁
佐貫町を過ぎると車内がガラガラになった。
館山で鴨川行に乗り換えてまずは稲村城へ。
この先おそらく来ないと思うのでとりあえず立ち寄る。
暖かいのでチョウは舞うわ、小さな虫は飛び交うわ。

10:27 南条城(千葉県館山市)
100_0089 遠景のみ
藪ばっかりの山城はするするとスルー。堀切しかないし。

11:41 藤井陣屋(千葉県館山市)
100_0099 陣屋跡推定地
案内板ひとつない江戸時代の陣屋跡。
正木時茂の屋敷跡とも。

11:46 館山陣屋(千葉県館山市)
100_0110 石積
館山城取り壊し後の近世陣屋。
それなりに遺構は残されているようだった。

11:54 館山城(千葉県館山市)
100_0139 本丸跡の模擬天守
付近の陣屋跡を訪ねる前に鹿島濠は見ておいた。
里見氏の居城だが普通の公園となっている。

12:56 鶴ヶ谷陣屋(千葉県館山市)
100_0160 諏訪神社
明治維新後に短期間置かれた本多氏の陣屋。何もない。

12:59 北条城(千葉県館山市)
100_0162 現況
中世の北条城跡で近世には北条陣屋が構えられた場所。

それにしても館山は遠かった。
去年から行こうとすると雨ばかりで5度目の計画でやっと。
風は強いけど暖かく快晴で海がとても綺麗だった。
ここまで来てしまえばもう千葉はどっこも遠く感じない。

2019年3月 1日 (金)

上総介

ちょうど1年前に館山城へ出かけようとした。
その日も予報は晴れだったが、夜明け前から天気はぐずついていた。
予報を信じて武蔵野線で南船橋まで来たときには暴風雨だった。
あきらめて引き返し東浦和で城館探訪をしたことを覚えている。
今日もまったく同じで夜明け前までの晴れ予報は見事に裏切られ、
館山行きの列車の車窓から見る風景は雨だった。
予報も雨のち曇りに変わっていたので館山城はあきらめて
佐貫城へ向かおうとしたが雨の藪には入りたくないので
青堀駅で降りて飯野陣屋へ向かって歩いた。

8:45 飯野陣屋(千葉県富津市)
100_0025 北東の土塁と濠
進路変更は吉と出た。下手な平城を凌駕するような遺構がある。
それにしても富津市は古墳が多い。
僕は古代豪族についてはまったく疎い門外漢だが、とても興味深いものだった。

10:37 請西城(千葉県木更津市)
100_0049 共同墓地の土塁
城めぐりで上総に足を踏み入れたのは初めてだと思う。
というより上総と下総の境界がよくわからない。
請西城はあまり期待していなかったが良い意味で裏切られた。
集落のそこかしこに土塁がある。あるいは古墳かもしれない。

11:00 真武根陣屋(千葉県木更津市)
100_0065 陣屋跡の石碑
請西藩の陣屋である。
わずかながら土塁が残っている。

11:33 貝淵陣屋(千葉県木更津市)
100_0074 陣屋跡の石碑
同じく請西藩の陣屋で上屋敷と下屋敷とで区別されていたという。
石碑の裏を流れる用水路は濠かもしれない。

12:19 五井陣屋(千葉県市原市)
Img_20190301_121937 五井駅
近世の五井陣屋跡は五井駅付近とされている。
わざわざ下車して駅舎を撮影する気にもなれず
車内からホームを撮影したのみ。

12:48 白船城(千葉県市原市)
100_0080 堀切
昭和の頃までは遺構が残っていたらしいが今は宅地が建ち並ぶ。
名前の通り船のようなかたちをした雄姿を見たかったものだ。

13:00 能満城(千葉県市原市)
100_0100 主郭の土塁
この城には朽ちかけているが標柱が設置されている。
内部は私有地だろうが誰もいなかったので見学した。
虎口の巨大な土塁がとても見事だった。

13:22 市原城(千葉県市原市)
100_0119 土塁
のっぺりとした台地上は住宅街となっている。
そのため遺構は断片的にしか残っていなかった。
市原市の名前を冠する城だけに少し残念に思う。
台地を下ったところにほとんど消えかけた標柱が建っている。

14:06 八幡御所(千葉県市原市)
100_0128 現況
疑定地ではあるが場所は概ね間違いないだろう。
ガーデンセンターや大型スーパーとなっている。

14:31 馬加康胤墓所(千葉県市原市)
100_0132無量寺の康胤・胤持の墓
八幡陣屋へ移動する途中で馬加康胤の墓に立ち寄った。
つい先日、馬加城を訪れているし首塚も訪ねている。

14:41 八幡陣屋(千葉県市原市)
100_0140 現況
陣屋跡は何ひとつないし案内板などもなかったが、
クランクしている道が往時を物語る。
その突き当りにあったのがこの土塁と石碑だった。
碑文はよくわからないし土塁も遺構ではないかもしれない。
ただ陣屋跡の敷地であることは確かだ。

雨に祟られたのは確かだが、おかげで本当なら行かないような城へ行けた。
怪我の功名とでも言おうか、これはこれでとても楽しかった。
駅からそれほど遠くない城ばかりなのもありがたい。
そうは言ってもかなり歩いたけれど。

2019年2月 7日 (木)

船橋行進曲

千葉ばかりで飽き飽きだが読者も我慢を。
今日は船橋市の未訪問の城ばかり。

10:23 酒山城
100_0002 北習志野近隣公園ごしの酒山城跡
団地ですね。何もありゃしない。

10:48 坪井城
100_0006 南側の土塁
中心部は畑で何もない。
南外れに石祠が祀られた土塁がある。
これを遺構とするとちょっと広すぎるかもしれないが。

11:12 古和釜城
100_0010 城跡の農地
遺構あるみたいですがねぇ。わかんなかったです。
人によって訪ねている場所も違うし。
古和釜城と小穴城は別々の城なのかな。
坂道下るときにコケました。

11:25 楠ヶ山城
100_0019 空堀と土橋
ここもよくわからなかった。
空堀とか土塁あるんだけどうまく繋がらないというか、
城を構成するようなイメージが湧かない。
ここでもやはり農道でコケた。

11:54 金堀城
100_0037 土塁
うわ、凄いなあと思ったのも一瞬だった。
空堀と土塁の向こう側を見ると急崖。
なんだこれはと思ったら中心部は削り取られていた。

13:02 八木ヶ谷城
100_0051 長福寺の土塁
なんだか微妙な城ばっかりだなぁと思いつつ
最後に訪れた八木ヶ谷城でサヨナラホームラン。
ホームランというよりはサヨナラヒットぐらいですかねぇ。
でもここは良かったな。境内とか民家、公園に遺構が散在してて。
神社の石段から見事にコケた。

ここでもういいかなと思い二和向台行のバスが来たので帰宅。
次もたぶん千葉だぜ。

2019年2月 1日 (金)

ダンカン馬加野郎

前日の雨と雪もあって藪に入るのは嫌だった。
朝寝坊してからそれほど遠くも近くもない城郭密集地へ。

11:05 大須賀山砦(千葉県千葉市花見川区)

100_0010 伝・馬加康胤首塚
幕張駅から20分足らずで着いた。
大きな首塚の看板があるので迷わない。
土塁と言えば土塁のような段郭と言えば段郭のような。
 
11:36 大久保城(千葉県千葉市花見川区)
100_0020 土塁
流路変更で花見川が城跡の真ん中を流れている。
もう遺構はないと思っていたけど友人が遺構を確認しているので
それに従って登ってみた。土塁と横堀が見事だった。
 
11:59 武石三郎胤盛館(千葉県千葉市花見川区)
100_0038 真蔵院境内 武蔵型板碑
別名風雲たけし城とも言われるが遺構はなし。
館があったと思われる台地上はやはり畑だった。
墓地の囲郭はやはりお墓の区画だろう。
 
12:17 武石蔵人丞胤親館(千葉県千葉市花見川区)
100_0042 武石神社
おたけさんと呼ばれているらしい。
案内板がいろいろ参考になって良い。
 
12:30 馬加城(千葉県千葉市花見川区)
100_0053 城跡北側の起伏
久しぶりに立ち寄った。
マンション撮影しても芸がないので北側の農地を歩いた。
何となく微妙な土地の起伏がある。堀だったら嬉しいけど。
 
12:52 武石新左衛門尉長胤館(千葉県千葉市花見川区)
100_0062 長胤寺周辺の土塁
長胤寺は大きな寺院だった。
館跡と刻まれた由来碑があるのもいい。
そこかしこに土塁があるのもいい。 
 
13:17 実籾城(千葉県習志野市)
100_0075 妙見神社の土塁
土塁が発見されたというので期待してたけど
民家が建ち並んで奥には入れない。
鉄塔まで行けないこともないけど不審者そのものになってしまう。
そこまで行かなくても集落内に土塁があるのでそれでいい。
 
14:29 鷺沼城(千葉県習志野市)
100_0088 鷺沼城址公園
微妙な場所ではある。土塁らしい遺構もあるし。
古墳との複合遺跡になっていてわかりづらいが、
何かしらあったとは思う。そもそも鎌倉時代の城だし。
 
今日は軽く10キロちょっとしか歩いていない。
次はどこか。市川市か船橋市あたりか。
ただ、2月は休みが少ないんだよな。

2019年1月28日 (月)

四街道を歩く

千葉は真冬でないと遺構が見られないのでこの時期限定となる。
昨年は2月に市原市から千葉市、4月に野田市を訪ねた。
佐倉市はいつ以来だろうと調べてみると5年ぶり。
四街道市にいたってはなんと10年ぶりである。歳月が経つのは早い。
10年後なんて夜明け前に起きて千葉くんだりまで行かないだろう。

7:30 佐倉城(千葉県佐倉市)
100_0060 本丸の土塁
久しぶりだった。最初の訪問は安いコンデジで撮影していた頃だ。
4月下旬だったので芝生が青々としていて箱庭のような印象しかなかった。
何となくもう一度見ておきたかったのだが凄い城だと再認識させられた。
ベースは中世城郭だから空堀とか荒々しくて魅力的だった。

9:38 太田用替城(千葉県佐倉市)
100_0103 主郭の横堀
佐倉城でまったりしすぎて到着が遅れた。
畑の真ん中から続く道を歩けば簡単に着く。
単郭の小さな城で藪に覆われている。

10:23 屏風山城(千葉県四街道市)
100_0122 現況
わりと最近まで残っていた城だが開発前段階といった状態だった。
航空写真を見てもうダメだと思っていたからほとんど素通り。

10:37 古屋城(千葉県四街道市)
100_0156 主郭跡の横堀
城跡公園として整備されているのが嬉しい限りである。
それも過度な整備でなく遺構を活用し遊具などは置かれていない。
まだ整備途中といった感じだがこのままでもいいぐらいだ。

11:20 館ノ山城(千葉県四街道市)
100_0163 現況
ここも既に造成されてしまっている。
屏風山城、古屋城と館ノ山城のある台地全体を物井古屋城と総称したい。
そんなことが四街道市のホームページだかに記されていた。
確かに城域から外れる民家にも土塁が残っている場所があった。

11:39 大山砦(千葉県四街道市)
100_0169 遠景
遺構があるので寄りたかった。
ここに寄ると鹿渡城までがとても遠くなってしまうのであきらめた。

11:44 鹿渡城(千葉県四街道市)
100_0183 主郭北側の空堀
いつもなら物井駅周辺の城を見た時点で帰ろうと思うのだが、
今日はなぜだろうか、気力が充実していた。
10m程度の急斜面だが樹木が多いのでわけもなく登れた。
一度手入れされた後に放棄されたから凄い藪になっているが、
期待以上の遺構を見ることができて気分がいい。

12:04 池ノ尻館(千葉県四街道市)
100_0196 現況
小学校建設で遺構は失われている。

12:42 和良比堀込城(千葉県四街道市)
100_0203 土塁
宅地と道路の造成で大部分が消滅したが、
ごく一部の遺構は破壊されることなく公園として保存されている。
案内板まで建ててもらって幸せな城跡だと思う。
佐倉市は城跡の調査は熱心だが保存はそうでもない。
その点、四街道市は保存の手を差し伸べる事例が多い。

なんだかんだで21キロ歩いた。
アップダウンがきつくないのでそんなに感じなかったが。
天気はずっと曇天のままで帰りの西船橋あたりで快晴になった。
まあ、城跡廻りにはどちらかというと良い天気だったと思う。
千葉も佐倉あたりまではとても近く感じる。
電車の本数も多いし、使おうと思えばバスも潤沢にある。
今度は山梨城、小名木城あたりを歩いてみよう。


より以前の記事一覧