フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

静岡県の城館

2017年12月25日 (月)

総理はダメだが城は良い

今年最後の城攻めは駿河の山城
遠景しか拝んでいない安倍城に登ろうと決めた
それと名物のとろろ汁が食いたくなり丸子城への再訪

10:13 久住砦(静岡県静岡市葵区)★★★
Csc_5989 Csc_5999

洞慶院から南尾根を登りちょうど1時間で着いた
ただの砦かと思っていたし自然地形とする人もいた
実際に歩いてみたらちゃんとした城だった
堀切あり、4段に配置された郭あり
予想外だ。安倍城の中で紹介しようと思ったが1城館扱いしよう


10:26 安倍城(静岡県静岡市葵区)★★★
Csc_6013 Csc_6025 Csc_6031
Csc_6055 Csc_6037
ここへ至るまでの労力に見合う城かと言えば嘘になるが
意外と遺構は残っている
はっきりした堀切がひとつに埋もれかけた堀切がふたつ
南尾根の郭跡の壁面に石積みが数か所あり石列みたいなのもあった
主郭跡からの眺望は素晴らしい限り


安倍城を後にして東側の尾根から下った
峠道から増善寺へ下る道は2か所で崩落しており危険
かなり時間がかかってしまった
そこから丸子宿までは結局いつものように歩いた
バスの本数は多いけど南下する路線がないので仕方ない
2時間近くかけて丁子屋に立ち寄りとろろ飯を食べる


14:47 丸子城(静岡県静岡市駿河区)★★★★★
Csc_6083 Csc_6148 Csc_6162
Csc_6168 Csc_6204
まだ、デジタル一眼にする前だから10年ぶりぐらい?
前回と同じで日が傾いてから着いたのが残念
しかしこんなに凄い城跡だったっけ?
塹壕みたいな横堀にはうっとりしてしまう
前回見落としていた大鈩郭跡の三日月堀もじっくり拝んだ


山城ばかりなのでさすがに3つが限度だ
遺構も良かったし天気も上々
おまけに飯まで旨いときたからとても楽しかった
これが遠江、それも井伊谷あたりになると泊まりでないと行けない
静岡らしいと思ったのは今日もチョウが舞っていたこと
正月でも天気が良ければ普通に飛んでいる場所柄だ
風が強いのに汗だくだくになったけど気分爽快

2015年1月 5日 (月)

伊豆のダンサー

新春恒例行事の静岡遠征
旅費はかかれど正月に静岡へ行かないと寝覚めが悪い

河津館(賀茂郡河津町)
河津三郎の館跡で八幡神社がそうだとか


河津城(賀茂郡河津町)
Csc_8267
実に13年ぶり
ここを訪れた3か月後にウチの娘が誕生した
その娘も4月には中学生
相変わらず好ましい山城
小ぶりだけど遺構はきちんと残っている

蔭山館(賀茂郡河津町)
要するに河津城の居館で姫宮神社付近だったとか

清水康英館(賀茂郡河津町)
下田城から逃げ延びた清水氏の居館だとか
でも逃げ込んだ地はここではないかもしれないとか

佐ヶ野城(賀茂郡河津町)
Csc_8471
素晴らしいっすね!
山頂にあんなに巨大な平場があるなんて誰が想像しよう
全体的に言えばダラーンとした感じだけどスケールがでかい
冒険心も満たしてくれるし、来てみて良かった!

颯爽と乗り込んだ東伊豆
中伊豆とどっちにしようか迷ったけど、こっちでよかった
伊東あたりまでは雪が残ってたけど、さすがに河津は暖かった
気持ち良かったなぁ

2012年1月16日 (月)

鎌田城(静岡県伊東市)

伊東市の南、松川湖を見下ろす山城であります。
麓のハイキングコース入口から45分程度ですが、
傾斜はそれほどきつくないので家族連れでもOKです。

Csc_0034

遺構は申し分ないです。大手虎口の厳重な造り、
巨大な横堀が山城ファンを魅了します。
駅からも近いし景色も良いので、とても魅力的であります。

2012年1月12日 (木)

堀田城(静岡県菊川市)

日本城郭大系でも巻末一覧にしか紹介されていない
どちらかと言うと無名の城郭であります。
有名な掛川城と諏訪原城に挟まれた菊川に所在しております。

Csc_0071

無名とは言え、素晴らしい遺構を残しており、
嬉しい悲鳴をあげつつ 城跡を散策しました。
尾根上にこれでもか!と堀切が連なっています。
競馬に例えるなら超大穴馬券を獲得した気分でございました。
駅からも近いし登りやすい山城なのでオススメです。

2012年1月 7日 (土)

宇佐美城(静岡県伊東市)

源頼朝の挙兵を助けた宇佐美氏の居城であります。
後の越後で活躍した宇佐美氏のルーツでもあります。

Csc_0178

JR宇佐美駅から歩いて10分ちょっとの場所ですが、
いきなり立入禁止の看板とバラ線が廻らされた門があります。
マンション建設予定地のようで気が滅入りますが、
石碑のある方向から腰郭跡の駐車場を経てすぐに城内へ行けます。
丘上は道路で分断されております。道路は堀切だったかもしれませんね。
郭跡はそれなりに広いです。海が見下ろせて風光明媚な場所です。
遺構はわずかに残る土塁と袖郭ぐらいであります。
由緒正しい城跡でもあるので、なんとか保存の方向に進んでほしいですね。

2012年1月 5日 (木)

諏訪原城(静岡県島田市)

牧之原台地を利用した巨大な城郭であります。
武田の築城術の集大成のように言われてきた城郭ですが、
最近では徳川の手によるところが大きいとされているようであります。

Csc_0124

堀も土橋もスケールが大きいですね。
6年ぶりに訪れたのですが、発掘と整備の真っ最中のようです。
これだけ見事な城跡ですから当然のように国指定史跡であります。
関東の城で例えるなら松山城の空堀がさらに巨大化した感じです。
戦後はやはり茶畑として利用されていたんでしょうかね?

2012年1月 3日 (火)

田中城(静岡県藤枝市)

全国的に見ても有名な円形脱毛症、もとい円形の縄張りとして知られる城です。
建造物や石垣のない平城なので、歩いていても城跡という実感は湧かないです。
市街地にあるため破壊が進んでいるのが残念ですが、
そこかしこに城の遺構は残されております。

Csc_0296

丹念に歩けば土塁や堀跡を見つけることができて楽しいですね。
航空写真や地図で見ても円形の城であることがよくわかります。
戦後の米軍の航空写真が国土地理院のHPで閲覧できると思います。
家康が鯛食って腹を壊したことでも有名な城です。
本当に鯛なのかな? 真田の残党がフグかバラムツでも入れたんじゃないかな?