フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

群馬県の城館

2019年12月18日 (水)

世界のサカモト

9年ぶりに群馬県側から碓氷峠へと迫る。
大道寺堀切なんぞは行くつもりはなく坂本城に照準を定める。
あの堀切見てみたい。そんな思いが最近強かった。

8:25 碓氷関所(群馬県安中市)
100_0050 復元門
横川駅から数分歩けば碓氷関所跡。
中世からあったらしいからカウントします。
 
9:52 坂本城(群馬県安中市)
100_0068 遠景
いちばん手っ取り早そうな林道が閉鎖されていた。
おまけに雨だ。
斜面は砂礫質で前日までの雨で落ち葉が滑る。
写真で見るほど木はなく掴まる場所がない。
麓を振り返るとかなり登ってきている。
「これ下るんだよな」そう思った瞬間やめた。
70mぐらい先に堀切が見えていたんですけどね。
 
10:25 虚空蔵砦(群馬県安中市)
100_0066_20191218192601 遠景
坂本城無念の撤退でやる気失せる。
虚空蔵砦も途中まで登ってやーめた。
一応郭が数段あるのは確認した。
 
10:42 愛宕山城(群馬県安中市)
100_0095 空堀
愛宕山城で憂さ晴らし。
一度登っている城はやっぱり安心感がありますね。
奥まで行くけど主郭は前よりもひどい藪。
馬出しまで行かずに戻ることにした。
 
まあ城跡廻りとしては愛宕山城だけみたいなものです。
でもね、今日は何だかとても楽しかった。
もうおそらくは来ないと思います。
だんだんそういう場所が増えていくんだろうなぁ。

2018年12月25日 (火)

ゴジラ松井だ

体重が5年ほど前に戻りつつある。ヤバいな。
頻繁に城攻めしているつもりでも代謝が落ちているんだろうな。
このままではヒシアケボノみたくなってしまうのでちょっと山城へ。
昔から気になっている松井田西城をメインに据えてみた。
今日訪れた城はすべて群馬県安中市。昔の碓氷郡松井田町ですね。

8:13 大道寺駿河守政繁館
Csc_0918 補陀寺
山門前に大導寺駿河守墓の石碑がある。
境内を散策した程度だけど裏山の補陀寺曲輪には登らなかった。

 

8:41 松井田西城
Csc_0932 土塁
本来、松井田西城と言えば金剛寺と諏訪神社の境内を指す。
安中氏の居城とすることに前々から疑問に感じていたが、
諏訪神社があるならばそちらは諏訪城に当たるのではないかと。
実際にこの城を紹介している人は一人ぐらいしかいないようだ。
土の城は自分の目で見ないとわからないんで行ってみた。
想像していたよりも立派な山城です。堀切2つに土塁も腰郭もあって立派。
意気揚々と引き揚げる途中でスマホに夢中でカモシカとぶつかりそうになった。

 

9:20 諏訪城
Csc_0962 金剛寺
一般的に知られる松井田西城であります。
尾根上の山城とは別物と思えるので別々で紹介しようと思います。
安中氏の居館が置かれたのは間違いないとは思いますが。

 

9:48 松井田城
Csc_1064 横堀
本当はスルーして名山城行きたかったんですよね。
でもここまで来て素通りするわけにもいかなくて。
前回来たのはもう9年ぐらい前だからうろ覚え。
さすがに中心部は覚えていたけど門跡とかわからなかった(笑)
西尾根へ行こうとしたらどういうわけか安中曲輪に戻ってるし、、、
道標も曖昧で途中からわけわかんなくなって水の手から駐車場方面へ。

 

かくしてこの日は松井田城関係の城館ばかりで終わりました。
でも、すっごい楽しかったですヨ。
カモシカとイノシシをこれだけ間近に見たのははじめてだから興奮したな。

2018年12月10日 (月)

行くぞ、ノーフィアー!!

先月末に引き続き和平殿の先導で上州へ向かった。
さすがに師走だけあって肌寒いと感じることもあったが、
心配された積雪や凍結もなく晴天に恵まれた一日となった。

7:40 仁居谷城(群馬県渋川市)
Csc_0466 石積を伴う土塁
もう失われていたと思っていた土塁があることを知った。
河原石が埋め込まれ補強された土塁である。

8:29 市城砦(群馬県吾妻郡中之条町)
Csc_0476 南郭跡
3年前にはあった復元櫓がもう跡形もなくなっていた。

8:53 横尾八幡城(群馬県吾妻郡中之条町)
Csc_0494 主郭跡の土塁
主郭と腰郭を配しただけの簡素な山城。
藪がうるさい城だが幸い今日はもうすっきりとしていた。

9:34 並木城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0562 標柱と案内板
大部分が農地と宅地となり遺構は曖昧だった。
高山村は立派な標柱と案内板を用意してくれている。

10:45 尻高城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0580 西郭の堀切
まさか尻高城まで来られるとは思わなかった。
電車で行くのはかなり難しい場所である。
山城としての見どころは二つの堀切ぐらいだが、
それを見られることが単純に嬉しい。

13:04 役原城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0650 標柱と案内板
山深い場所に集落があることがとても面白く感じた。
城としての遺構はほとんど皆無だがやっぱり標柱がある。

13:34 中山城(群馬県吾妻郡高山村)
Dsc_0713 主郭跡の横堀
中山城は凄い城だということを仲間から聞かされていた。
徒歩で行く算段をあれこれ考えてはあきらめていた城である。
噂に違わず声をあげて喜び勇んで堀底へ駆け下りた。
さすがは北条氏と唸ってしまう城だった。

15:00 丸屋敷(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0771 遠景
道の駅中山盆地はあいにくの休業日だった。
駐車場から丸屋敷を撮影し食糧を探して旅立つ。
おかげさんで道の駅こもちで食べたカツ丼がなかなかのものだった。

群馬も山間部の城跡はなかなか行くのが難しいだけに
今日は収穫祭のような一日になった。
待ってろよ嵩山城が来春のテーマとなろう。
和平さん、今日もいろいろありがとうございました。

2018年11月26日 (月)

吾輩は猫である

1年2ヶ月ぶりに群馬県北部へ訪れた。
4時半過ぎに家を出たおかげでたっぷりと楽しむことができた。

8:20 棚下砦
Csc_0019 主郭 土橋
最初に訪れたのは棚下砦だった。
関越自動車道をくぐるとすぐに城跡へ着く。
巨大な横堀が見応えたっぷり。

9:07 長井坂城
Csc_0081 大手の空堀
昨年9月以来の長井坂城への再訪。
やっぱり良い城は何度見てもたまらない。
しかし巨大な空堀である。

10:24 阿岨城
Csc_0104 外堀
空堀が綺麗に残っている。
小ざっぱりした爽やかな城だった。

11:57 森下城
Csc_0168 主郭の空堀
大部分が利根川に削られて崩落している。
幅の広い堀跡に往時を偲ぶ。

12:52 猫寄居
Csc_0190 現況
道路と線路で分断されてしまっている。
以前来たときとは逆の台地上を歩いてみた。

13:12 猫城
Csc_0212 堀切
思っていた以上によく残っているぞな
堀切が2つと図面にもない土塁も見られて大満足ぞなもしかしてぃ!

早めに出発したおかげでたっぷり楽しんで6時前には帰宅した。

今月2度目の上州出陣だったけど赤城山麓でおなじみの崖端城、、
どれも地形的な制約を要害として活用しているので見ていて面白い。
またふらりと沼田方面へ出かけてみっかな。

2018年11月17日 (土)

パイパー戦闘団駆ける

物見遊山で出かけた碓氷峠を除くと今年はじめての群馬県となった。
ふらりと訪ねられるような城はあらかた訪問済でして。
久しぶりに大胡城でも見てやろうかと思い立ち、周辺の城もちょこっと。

8:55 大胡城
Csc_9751 本丸の空堀
トイレ休憩と朝食を兼ねて10年ぶりに。
3度目なので本丸周辺しか見ていない。

9:47 勝山城
Csc_9804 土塁のように見えるんだけど
遺構はないとされているが、北側の道路沿いの地形は??

9:53 今城
Csc_9808 現況
地形ごと消滅している

10:00 荻窪城
Csc_9842 主郭の空堀

今日いちばんのお目当てはここだった。
最初はよくわからなかったけど、主郭周囲の空堀を見つけてからはもう!


10:31 西荻窪城
Csc_9874 現況
遺構はあるらしいんですけどね。


10:51 亀泉城
Csc_9886 二の郭 土塁
如意寺境内に遺構が残る。
主郭は公民館とか宅地になっていた。


11:37 大室城
Csc_9954 二の郭 水堀
今日見た中で最高の城だった。
こんなにきれいに残されているとは・・
頑張ってここまで来た甲斐があった。


久しぶりに自転車こいで足が張ってきたのでここでおしまい。
当初は嶺城とか小坂子城へ行くつもりだったけど、
上り坂が嫌で亀泉城から大室城へ向かった。
これが大正解だったと思う。大室城は本当に素敵な城だった。
あれ見たあとに毒島城とか天幕城見ても感動しないと思い進軍停止。
またそのうちにね!

2017年10月 6日 (金)

吉井三冠

一郷山城が皐月賞なら天引城は東京優駿
ならば長距離でのスタミナが問われる八束山城は菊花賞だ
我ながら上手なたとえだと思う

そんなわけで三冠最後の八束山城へ駒を進めた

10:13 八束山城(群馬県高崎市)★★★★
Csc_4068 Csc_4082 Csc_4124 Csc_4168
思っていた以上にスタミナを削られた
コース取りを間違えて西側の岩山コースから登る
結果的にはこれで良かったと思う
最短ルートで登り帰りは緩やかな道をのんびりと
なかなか気合の入った山城だった
堀切はこのあたりの城跡じゃ最大級なのでは
帰りの下り坂から浅間山への登りなんかまさに淀の3千ですヨ「


12:11 多胡下城(群馬県高崎市)★
Csc_4182 Csc_4186
山容を見たら期待するよね
遺構もありそうだから立ち寄ってみた
ちょうど帰り道にあるし
あ、楽勝かも!なんて舗装された道を登り詰めると
ただの藪だった
とても入れそうにないしクモの巣が顔にあたり叫んだときに
竹藪の中で物凄い踏み音
どうやら正体はサルだったらしい
八束山にもサルがいたから間違いないと思う


12:35 多胡館(群馬県高崎市)★★
Csc_4190 Csc_4200
この館は久しぶりだ
せっかくの遺構も藪で台無しなのは相変わらず
さて、雨も落ちてきたところで撤収

ようやく吉井三山制覇ですな
ミスターシービーやテイエムオペラオーに並ぶことができました
全部馬のおかげです

2017年9月11日 (月)

間違いない

実は今朝、起きたときまで迷いに迷っていた
9割方、越前敦賀で残りの1割は仙台
いずれにしても新幹線に乗る気満々だったのだが
朝、起きたときに気が変わった
福井、まだ暑いよね、天筒山とか熊出そうだよね
仙台、意外と移動が不便そうだよね
だったら近場で済まそう

それほど近場でもないけど土地勘もある沼田あたり
関東も目ぼしい城がなくなってきた
だんだんと遠いところばかりになるから大変だ

9:48 長井坂城(群馬県渋川市)
Csc_3355 Csc_3359 Csc_3387 Csc_3398
関東の山城で行きたい城のひとつだった
アクセス超悪いので敬遠していたんだけど
まず上越線の本数が少ないのがネック
岩本駅から徒歩1時間20分程だった
苦労した甲斐あって凄い城跡だったなぁ

実は棚下の砦を見たら帰ろうと思っていたんだ
でも長井坂城に行くまでの道中がけっこう大変で
もう帰ろうかなと思っていた
麓に下りるとバス停があるので何の気なしに見たら
あと10分ぐらいで沼田方面行きが来る
平日は一日五本しかないバスが颯爽とやってきた

12:04 沼須城(群馬県沼田市)
Csc_3428
恵みのバスで沼田市街へ出て市役所で一服
沼田城は9年前に一度来ている
せっかくだから沼須城を訪ねた
別名は金剛院城でたしか藤田信吉が守っていたような
案内板すらなく金剛院跡の石碑も草に埋もれていた

13:00 幕岩城(群馬県沼田市)
Csc_3446 Csc_3454
沼田城を築く前の沼田氏の居城
行き当たりばったりだから事前学習もなし
ふらふらと来てみたらまさかの石碑があった
遺構はないと思っていたらまさかの土塁が!

13:30 沼田城(群馬県沼田市)
Csc_3472 Csc_3496 Csc_3528 Csc_3552
来る予定なかったけど、ここまで来たらねぇ
とりあえず寄っとけ沼田城
公園内に遺構は残るけど全体像はなかなか浮かばない
観光案内所に模型があるけどかっこいい
これが残ってたらねぇ、もっと人を呼べること間違いない

沼田城から急坂をだらだらと降りると沼田駅がある
ここでも上越線の待ち時間わずか15分
そのあとは2時間来ない
こんなことって滅多にないよな
実に有効に時間が使えた北毛侵攻作戦でありました

2017年5月26日 (金)

霧の中を抜け駆け

濃い霧の中、抜け駆けを焦る井伊直政と松平忠吉のように
逸る気持ちを抑えきれず軽井沢へ向かった
5月初旬に新聞にも掲載された碓氷峠で発見された城跡
ここんとこ、ちょっと冒険してなかったし山城行きたかったし

軽井沢駅から雨の中を黙々と歩く
予報は曇りだったがざんざん降りだ
まあ、軽井沢や小諸に行って晴れたことないからな

9:19 城山(長野県北佐久郡軽井沢町)★
Csc_2357 Csc_2367 Csc_2363
軽井沢駅に着いたのが8:09だったから1時間ちょっとで着いた
関八州が見渡せる見晴台だけどあたり一面の霧(笑)
一応案内板がありました

9:44 碓氷峠城(群馬県安中市)★★★
Csc_2371 Csc_2373 Csc_2407 Csc_2429 Csc_2431
中山道沿いに歩けばだいたいわかるかと
自分は旧道側を探してしまい少し時間がかかったけど
旧道を挟んだ向かい側にも郭がありますよ
位置を見直して林へ分け入るとドーンと土塁が
新聞で見たやつと同じ土塁だ
遺構もしっかりしていてもう、感動ですよ
「ア~ン」とか声が出ちゃったもん
今までなんで見逃されてたんですかね
古いお墓とかあって人も立ち入っているだろうに

晩秋まで待たなくても標高1200ぐらいある疎林だから
全然問題ないと思います

秋まで待てなかった自分を許してくだされ
先鋒は努めますから

2016年11月25日 (金)

アンナカレーニナ

24・25と連休で楽しみにしていたら観測史上初の11月積雪
しょげていても始まらないので積雪上等の構えで群馬県安中市へ

8:38 安中内出 ☆ 
0838
安中第一中学校の北側微高地が城跡
うーん、何もないですなぁ
北側に多少は面影が感じられるぐらいか

8:49 安中城 ★★
0849
久しぶりに立ち寄ってみた
何かないかと探してみたがやっぱり何もないなぁ
郡奉行役宅と武家屋敷を見てきたが
屋根葺き替え中で見学不可だと


10:02 原市東館 ★
1002
辛うじて堀跡が残る程度だった
まぁ、何もないよりはマシか


10:19 榎下城 ★★★
1019
やっと城らしい遺構にありつけた
雪でちょっと見づらいけど堀と土塁は健在だった


10:38 梁瀬城 ★★★
1038
ここも懐かしいなぁ
ほんの一部だけど土塁と堀が豪快に残ってらぁ


10:48 八幡平陣城 ★
1048
取ってつけたような理屈で武田信玄の陣城に祭り上げられた城
たぶん違うと思うけどなぁ
土豪の砦というところが妥当だと思うが
遺構も堀ぐらいしかないです


11:13 内出砦 ☆
1113
ここは本日もっとも何もない場所だった


11:28 滝山城 ★★★
1128
訪れたことがなかったので何の気なしに立ち寄った城
立ち寄ったのが大正解だった
土塁も堀もしっかり残っているし西側の坂虎口もシブい


11:55 菅沼城 ★★★
1155
本日最後は菅沼城への再訪
前回入口付近ばかり見ていたので奥まで入った
土塁とか堀とかよく残っているんだなぁ


というわけで今回は9城
そのうち4つは再訪だから目新しさは乏しいが
10年以上前の自分はまだまだ見方が甘かった
こうなると富岡市側も再訪してみたくなるなぁ

とりあえず昼過ぎには城攻めを切り上げて
今日の目的でもある磯部温泉へ
熱めの露天風呂でまったりしてから食事して
ずいぶんとオシャレになった磯部駅から帰陣
だいたいの目標はコンプリートできたので85点ぐらいかな

2016年10月14日 (金)

必殺仕事人太田卓司

今月は休みが多くてとても嬉しい
暑い時期はあまり休みを取らず頑張る
そして涼しくなったらシフトを減らして出陣

朝晩は寒いぐらいになったが群馬県太田市は
城歩きにはちょうど良いぐらいの陽気だった
つーわけで今日は全部太田市の城跡です


8:33 市場城 ★★

0833

道路沿いに土塁が残っているが大部分は消滅
空堀もあるんだけど時期がまだ早かった
背丈ぐらいある草木が生い茂り踏み込めず


9:02 只上砦 ★

0902

タダカリと読むんだと
難読地名ってやつですね
遺構は完全に消滅とあるけどこの畑、堀っぽくない?


9:25 丸山砦 ★

0925

金山城の支城
丸山薬師が祀られている
麓までいったけど特に何もないから登らなかった


9:34 矢田堀城 ★★★

0934

土塁があることは知っていたが
まさかこれほどとは思わなかった
南側なんか二重土塁じゃないですか
一応、案内板や標柱もあるしここはかなり楽しめた


10:07 狸ヶ入館 ★

1007

マミガイリ? それともムジナガイリ?
いったいどう読むのだろうか
本堂と墓地境界にある土塁痕
南側には堀らしき遺構もあった


10:14 今泉城 ★

1014

狸ヶ入館のすぐ南東に隣接している
遺構は明確ではないとされているが
畑と民家の境目に何となく土塁と堀らしい地形があった
あとで太田市史の図面とにらめっこしたところ
ちょうど主郭の西側にあたる部分なので遺構ではないかと


10:31 東金井城 ★

1031

丸屋敷とも呼ばれる場所
太田市史を読むともしかすると時代に差がある別個の城館か
いずれにせよラブホテルと高齢者施設になってるじゃないか


10:39 金山城 ★★★★★

1039

10年ぶりだから久しぶりだなぁ
やっぱりカッコいい城は何度も来てもいいね
前回と同じく小学生の遠足とぶつかってしまったが
今回彼らは実城でお弁当と自由時間を過ごさず
てっぺんに来たらすごすごと下山していった
だから満喫できた
見る部分は前回と変わらないが楽しかった
保育園の子たちがエッチラオッチラ登ってきたのが可愛かった
先生の代わりにカメラマンになってあげたので
全員写ることができてよかったな


13:08 大光院の土塁 ★★

1308

有名な呑龍さんですね
境内を囲むようにして立派な土塁がある
寺院の格式を示すためのものか
ただ、仕切り土居もあったりするので悩ましいところだ
ここは江戸時代創建だが、その前から居館でもあったんじゃないか


13:26 大島館 ★

1326

マンションになっちゃってますね
あと道路拡張で土塁が削られたとか
何かないかなと南から西に回ったところ
残存土塁があったし手前のコンクリ溝は堀跡か


13:48 今井屋敷 ☆

1348

由来がよくわからないので太田市史で今度調べてみる
団地になっておりここは完全に痕跡すらなかった


14:02 新井屋敷 ☆


1402

新井御庵とも称される館
御庵公園の名前だけに館跡を偲ぶしかない
現状は宅地と畑でした

久しぶりに12か所廻ることができた
野州山辺からぐるりと金山城の北から南下し
太田駅の南側まで廻ることができた
これで次回は太田駅の東から南だけ廻ればいい
道中いくつか見落としていた城もあったがそれはご愛嬌
前回の茨城と比べると完全な市街地歩きだからイマイチな面もあり
点数をつけるなら75点というところかな
それでもまぁまぁ楽しかったです