フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

ひとりごと

2020年5月19日 (火)

ベストナイン

出かけない間、Youtube三昧。
自分は野球が好きなのでプロ野球OBのチャンネルをよく見ます。
中でも片岡篤史のが面白いかな。同年代なんで余計楽しいですね。
触発されたので自分の選ぶベストナインを考えてみました。

投手 野茂英雄(近鉄ほか)
捕手 古田敦也(ヤクルト)
一塁 バース(阪神)
二塁 岡田彰布(阪神)
三塁 掛布雅之(阪神)
遊撃 石毛宏典(西武ほか)
外野 金本知憲(阪神ほか)
   門田博光(南海ほか)
   イチロー(オリックスほか)
 
まあ絞れないですよね。
村田兆治、山田久志、鈴木啓示・・・
セカンドは身びいきですねぇ。たった一年の全盛期の岡田は本当にすごかったのでね。
真弓も前田智も新庄も選びたいですなぁ。

2020年5月17日 (日)

5月半ばを過ぎて

こんな日々が過ぎるためまともな城館探訪は2月の印旛沼周辺以来御無沙汰です。
山城に限れば1月下旬の浄福寺城以来登っていないですね。
 
最近はやることないから自分のホームページをちょこっといじっています。
写真を足したり簡単な図面を描いたり。
縄張り図じゃなくてイメージ図ですね。何となくこんな感じっていう程度の。
 
古い記録ややっつけ仕事気味な内容にも書き足したりしています。
振り返ると40代半ばがいちばん元気だったかもしれません。
自分の中でのエポックメーキングになったのは群馬県の鼠喰城でした。
2009年だったかな。もう11年も過ぎたんだ・・・。
仲間4人で直登したんですが、あれからは少々の山も大丈夫になりました。
根性が座ったんでしょうね。よくあんな何もない山へ苦労して登ったなあ。
 
それから山梨県の御坂城へ登りたくなって何度か挑戦して挫折して。
体重を絞って体を鍛えなおして見事に麓から攻略しました。
さすがに50歳を過ぎるとあんなに無理はできないようで、
何よりも気力のほうがもたないというか企画しようとも思わないですね。
 
まだまだ老け込みたくないなぁと去年の秋に一念発起して関西へ。
京都、奈良、和歌山、そして大阪。
山城の高取城あり、奈良から和歌山へ鈍行での長距離移動ありと
かなり無理なスケジュールを企図しましたが無事クリアしてしまいました。
ちょっと自信を取り戻すことができて今年を迎えたらこれですからねぇ。
とにかく早く、一日も早く安心して暮らせるようになってほしい。
それだけですね。

2020年5月 7日 (木)

近況というか何というか

とうとう山城シーズンは終わってしまいましたね。
こんな映画みたいなことが起きるなんて世界中の誰も思わないですね。
犯人は当初の予想通りでしょうがそれを世界中が追及したら戦争になるだろうし。
 
ワクチンは早くても来年の秋ぐらいでしょうし
本当に効能のある薬の開発もまだ時間がかかるでしょう。

当初イギリスが提唱していた集団免疫は怖くて無理ですね。
アメリカも中国もそちらに舵を切るようですが
スウェーデンは恐ろしいことになっています。
 
抗体は作られると思います。
少しずつ抗体を持つ人が増えても3年ぐらいはかかるかもしれません。
それまでにはワクチンも開発されるでしょうし。
今は対症療法で良い治療薬、合う治療薬を見つけることが急務です。
1日半で1万人が亡くなっているのだから
まずは病院の負担をできる限り減らしつつ軽症者を治療して社会復帰させること。
社会を回しつつ患者を治すことに尽きますが、これがいちばん難しいです。
 
日本は政府の無能を露呈しました。
3ヶ月かけてマスク2枚。それもまだ届きません。
460億円費やしてまだ。そうしているうちに店頭に並ぶようになりました。
10万円の給付金もまだです。
自粛、休業を強いてまだ給付しない。
言ってみたら滞納ですよね。追徴しないといけない。

2020年4月23日 (木)

なし

岡江久美子さんも犠牲になった。

こんなに恐ろしいものを杜撰な体制でばら撒く国。

本当にひどすぎる。

悪魔だと思う。

2020年3月30日 (月)

志村さんのことなど

朝起きて最初に目にしたのが志村けんさんの訃報でした。
伝え聞く病状は芳しいものではなかったけど、早すぎます。
 
土日はいつも仕事ですが、さすがに新宿も閑散としています。
それでもヨーロッパの街と比べれば朝帰りみたいな連中もいる。
この30年で日本は技術大国から転げ落ちてしまい
日本人の優秀さも今は昔でバカばかりになってしまったと思います。
 
グローバル化というものは富の一極集中しかもたらしませんでした。
日本は技術を周辺諸国に奪われて国民のほとんどは潜在的な貧困層ですね。
自分が20代前半まで手にするものはすべてメイドインジャパンでしたが、
今では国産のものを手にすることはほとんどありません。
 
海外との往来が簡単にできないような世の中を望みます。
それと中国とはもう関わらないのがいちばんと思っています。
島国という利点を最大限活用して活気ある国内を目指す。
そんな指導者が出現することを願って止みません。

2020年2月12日 (水)

関ヶ原

唐突に関ヶ原。
なんだ?と思うでしょう。
これこそ自分がこの趣味にはまったきっかけなんです。
昭和56年だったかな?
正月3が日のTBSの7時間ドラマですね。
配役が凄いし金もかかってたなぁ。
 
石田三成=加藤剛
島左近=三船敏郎
大谷吉継=高橋幸治
小西行長=川津祐介
宇喜多秀家=三浦友和
小早川秀秋=国広富之
直江兼続=細川俊之
島津義弘=大友柳太郎
前田利家=辰巳柳太郎
徳川家康=森繫久彌
本多正信=三國連太郎
福島正則=丹波哲郎
加藤清正=藤岡弘
本多忠勝=高松英雄
山内一豊=千秋実
 
すごいキャストですよね。
ここに名前のないちょい役の人も錚々たる顔ぶれで
原作は司馬遼太郎さんですからつまらないわけがない。
これに見事にはまり夏には関ヶ原訪問してました。
そこから始まったようなもんですね、今の自分は。
 
もうこんなドラマ作れないだろうな。
上手な俳優がいないでしょ。
それにテレビ局も予算がないだろうし。
若い人たちには信じられないかもしれないけど
昭和までの日本は国が富んでたんですよ。
民間も庶民も元気だったし働けば暮らせる時代だったから。
それと文句ばかりつける人もいなかったしね。
これがいちばん大きいかな。

いちおう完成かな

訪城数ももう2400城を超えたのか。
中には遠くから遠景を撮影しただけの場所もあるけれど
せっかく登っても危険ばかりで何もない城は行かないので。
それを差し引いても2000は大きく超えているのでね。
 
30歳過ぎるまで車持ってたけど
その頃は海だスキーだで城跡はほとんど行かなかったな。
今思えばもったいなかったけど仕方ない。
それに汽車の車窓を眺めながら旅するの好きだし
帰りは好きなときに爆睡できますからね。
 
画像の点数は少し抑え気味にしていたけど
ニフティとの契約状況を見るとまだ容量にすごい余裕があった。
だから最近は画像を追加し加筆訂正する作業が多いです。
新規の城郭探訪はめっきり減って関東地方の再訪ばかりでしょう。
フィルム時代に訪れた城はどうしても撮影枚数が限られるのでね。
そういった城を再び訪ねるのも楽しいですよ。
 
そんなこんなで自分のホームページもほぼ完成かな。
はじめた頃に相互リンクしたりオフ会した人も
めっきり減ったしホームページそのものが衰退してしまいましたね。
ただデータべースとしてこれ以上便利なものもないし。
そんな使命感が最近のモチベーションです。
 
実はね、僕ももう50過ぎてるんでけっこう身体きついっすね。
40半ばまでは40キロぐらい歩いたし
おととしぐらいまでも20キロ以上歩いてもへっちゃらだったけど
この間、船橋行ったときに10キロぐらいで嫌になっちゃった。
なんか遠く感じたし退屈になってきたし。
2500までは何とか頑張りたいですけどね。
少なくなった仲間も頑張ってますんでね。

2019年12月18日 (水)

碓氷の一日

城跡廻りだけでなくいろいろ楽しんだ一日。
せっかくここまで来たんだから楽しまないとね。
 
Img20191218085254 謎の山
坂本城の隣に見えるこの山、
なんだか城跡っぽくないですか。
遠目に見ても堀切みたいなのがいくつもあるし。
登ろうとは思わないけど。
 
Img20191218090732 隧道
坂本城までの林道が通れないので
中山道沿いに歩き途中でいくつかトンネルをくぐる。
エイリアンとか出てきそうな感じがたまらん。
 
Img20191218115853 おぎのやの釜めし
昔ねぇ、軽井沢行くときは必ず買ったよねぇ。
釜、持ち帰るんだけど結局は使い道がなくて邪魔になるんだよねぇ。
シイタケが苦手なんでそこだけのけて食べました。
 
Img20191218122022 D51
碓氷峠鉄道文化むらを訪ねてみた。
前から行きたかったんだ、ここ。
懐かしい機関車や客車がいっぱいあった。
自分が小学校の頃なんかはまだ常磐線とか客車が走ってたな。
 
Img20191218122132 EF58
これも懐かしい。昭和50年代半ばまでは現役でしたね。
ブルートレインは牽引してたかな?
寝台急行の銀河を引っ張ってた記憶があるな。
大阪まで乗りましたけど乗り心地悪かった記憶しかない。
 
温泉は寄らず鉄道文化むらへ一直線だったんだけど、
温泉から文化むらまで観光列車が走ってることを後から知った。
今日はいろいろ充実した一日でしたよ。

2019年8月18日 (日)

張本はやっぱ偉大ですワ

これまで回った城の数が2341。
中には山に登らず遠目から撮影しただけのもある。
それは内野安打ということで。
とにかく積み重ねた数字で言えば榎本喜八や山本浩二を越えた。
あと10ヶ所廻れば神様川上哲治に並ぶし30ヶ所なら落合博満に並ぶ。
 
今年も暑い夏が続く。
去年はもっと暑かったけど近場にはよく出かけたし距離も稼いだ。
この夏は7月の終わりからグッと暑くなったせいか体がついていかない。
先日もあきる野市まで出かけたはいいが軽い熱中症を起こし退却している。
 
新しい登山靴は買ったし他にも小物は買い揃えたけど、
もう昔みたいな気力も体力も薄れてきたなあ。
10月以降はちょっと遠征しようと計画はしているけど、
あまり駅から遠いような城は避けたいし山城もそれほど登りたくない。
去年タイムアップであきらめた長野市の旭山城は行きたいし
そこまで行くなら一泊して鞍骨城と尾根上の城は見ておきたい。
 
目標は2500です。そうすると立浪和義を追い抜ける。
その上は金本知憲だけどちょっと難しいかな。
ミスター越えでもいいかなとも思っています。

2019年4月 2日 (火)

時代はめぐる

中島みゆきの唄じゃないけどジオシティーズが消滅した。
調べものをしていてもサービス終了の画面があるだけ。
膨大なデータベースになっていたわけで不便極まりない。
それまでもサービス中止で終了してしまったホームページなんかもあって
だんだんと不便な世の中になっていくなぁと思うわけです。
ニフティもノジマに売却されてからサービスの質がどんどん低下しており
いつかこういうものはなくなってしまうんだろうなと考えたりしますね。
スマホの画面も半分が見るに堪えないくだらない広告だったりと
善意のサービスというものはなくなっていくんでしょうね。
金払ってても広告だらけなんだけど、ニフティ。
ブログ作成も本当に使いづらいな、ニフティ。

より以前の記事一覧