フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

埼玉県の城館

2020年10月28日 (水)

比企の里をてくてくと

3月以降はほとんど遠出をしていませんでしたが、
9月の終わりぐらいから少しずつ出かけるようにしています。
足が萎えちゃうからね。
10月は久しぶりに勝手知ったる飯能市の大河原城に登りました。
あれぐらいの比高差でもえらい疲れてしまいましたが、
やっぱり山や丘を登ったり遠くを眺めるのは気持ちがいいですね。
 
11:51 前田利長陣所(埼玉県熊谷市)
100_0007_20201028172601 冑山神社
東松山駅からのんびりと雷電山を目指そうとしましたが、
途中でバスに飛び乗ってしまいました。
以前は何てことない距離でしたが、休み明け初戦ということで。
最初に来たのは冑山古墳です。
前田利長の軍勢が布陣した場所であります。
ぐるりと曲輪が一周しているのが印象的でした。
 
12:31 前田利家陣所(埼玉県東松山市)
100_0024_20201028172601 大雷神社
続いてはお父さんの前田利家陣所跡です。
息子の陣場とよく似た感じで曲輪が取り巻いています。
北西に向けて張り出した曲輪が良かったですね。
写真にするとさっぱりですが虎口らしい地形もあるし。
 
12:55 比企能員館(埼玉県東松山市)
100_0043_20201028172701 比企一族顕彰碑
実に18年ぶりです。
次の18年後なんてもう生きていないかもしれません。
本当に生きているって素晴らしいことだと実感しますね。
以前はこの顕彰碑はなかったと思います。
見落としていたのかもしれませんが。
 
ここまで来るとさすがにバスがないので森林公園まで歩きました。
1時間ちょっとですけど、相変わらず緑が豊富で気持ちいいですね。

2020年1月 6日 (月)

本郷城(埼玉県川口市)

遠い昔に本郷城へ訪れたときは傑伝寺だけ見て帰った。
手前の雑木林がとても意味ありげで気になっていた。
航空写真を見ていたら刈り払われていたので再訪してみた。
 
Hongo 本郷城の地勢
明治時代の地図を参考にすると
だいたいこんな感じかな。
 
100_0011_20200106171001 参道
緩やかながら案外長い坂道。
ここで地元のおじさんに話しかけられた。
「お兄さん、ここは本郷城だよ」
えっ!知ってるの?
子どもの頃から住んでるからよく知ってるらしい。
細かいことは省くけど曲輪と呼んでいたそうな。
 
100_0014_20200106171001 参道脇の土手
鬱蒼とした竹林と雑木だった。
以前は立入禁止の看板があり入らなかったけど。
 
100_0013_20200106171001 見事な切岸
実際はやや段がついていた。
これを見にきたわけだから。
  
100_0016_20200106171001 伐採されたあと
きれいさっぱり。
宅地分譲が始まるんだろうな。
昔訪れた川口市の戸塚城がこんな感じだった。
 
100_0024_20200106171001 台地縁の土塁
訪れてよかった。
今後どうなるか知らないがとりあえず見たぞ。
 
この日は他にもいくつか廻り川口市内の城郭はコンプリート
もう二度と来ることはないんだろうな。

赤山城(埼玉県川口市)

18年ぶりに赤山城を訪ねてみた。
近世城郭並の広さを誇るらしいが、前回は石碑とその周辺しか見ていない。
まだフィルムのカメラを使っていたので撮影枚数にも制約があったので。
 
Akayama 
縄張りはざっとこんな感じです。
あくまでも中心部だけで実際はもっと広い。

100_0037 赤山山王社
中世城郭の櫓台をそのまま使用した感じ。
伊奈陣屋と同じく岩槻太田氏系の城を流用したものかと。
 
100_0030_20200106165201 東堀
野鳥観察をしているおじさんがいた。
ルリビタキを狙ってきたがなかなか現れないそうな。
 
100_0041 北堀
民家の裏側にあるけどちょっと行き方がわかりづらい。。
 
100_0042_20200106165201 本丸跡
石碑があるだけでだだっ広い草原。
 
100_0048_20200106165201 南堀
手入れされているけど実際は5m以上あったらしい。
 
100_0055_20200106165201 南西堀
ここは往時の雰囲気をとどめているかも。
 
100_0064 二の丸跡
これって遺構なのかな。
最近のものっぽいけど。
 
来てみて良かった。
家臣屋敷は今もびっしりと家が建つけど、
このあたりは農地が多くてなんだか好き。
 

2019年10月24日 (木)

武田遺臣

いつも通り過ぎている越谷レイクタウンにいってきた。
店には寄らず敷地内を素通り。
池を眺めてからはやることもなくなり近くの屋敷跡探訪。
 
11:18 飯島久兵衛屋敷(埼玉県越谷市)
100_0008_20191024171401 飯島家墓所
100_0009 由来碑
街角に立派な墓所がある。
門で閉ざされているため外から見学。
由来碑を撮影しておいて良かった。
お宝みたいな由来がびっしりと刻まれている。
飯島氏は信州上伊那郡の飯島城主の末裔で
武田氏滅亡とともに武蔵へ逃れたという。
 
12:35 秋山伯耆守信藤屋敷(埼玉県越谷市)
100_0018 武田千徳丸供養塔
100_0012_20191024171601 千徳丸供養塔案内板
ここも武田関係で秋山虎繁の弟信藤の屋敷跡。
勝頼の遺児千徳丸を匿い越谷まで逃れたとのこと。
秋山氏からは家康の側室が出て武田信吉を産んでいる。
 
ここから松伏まで歩くつもりがどこも工事ばかりで橋が渡れない。
どこへ迂回しても工事中の看板で歩行者すらも通さない。
さすがに嫌になり中途半端で帰ったけど、
2つの屋敷跡の歴史を調べるのが楽しくもあり良かったかな。

2019年8月27日 (火)

飯能リターンズ

中3日で飯能へ。
前回は雨降りだったのでリベンジ。
 
9:28 加治太郎実家館(埼玉県入間市)
100_0008 東側の崖線
入間市博物館に展示してある館跡の模型に沿って歩く。
東側は小川が流れてなかなかいい感じ。
 
9:31 野田三郎成光館(埼玉県入間市)
100_0013_20190827175701 白髭神社
場所が不明なのでおそらくこのあたりかと。
加治氏と同じ丹党だが秩父出身。
ま、加治氏も秩父に移住してるしそれもアリか。
 
10:20 中山代官所(埼玉県飯能市)
100_0019_20190827175701 現況
江戸時代半ばの代官所跡。
遺構も案内板もない。
 
10:25 中山家範館(埼玉県飯能市)
100_0024 空堀
向かって左側の家が更地になり重機が地均し。
もうあってもなくても変わらない感じだ。
 
10:52 加治次郎家季館(埼玉県飯能市)
100_0045_20190827175701 土塁
宝蔵寺境内が館跡ではなく、
実際は墓地の裏側にある竹林。
傾斜面に土塁と空堀が残る。
 
11:05 大石源三郎重仲館(埼玉県飯能市)
100_0056 北東隅の様子
室町時代に山内上杉氏配下で
活躍した大石氏の居館跡。
何かありそうな雰囲気はしますがね。
 
11:12 泉ヶ城(埼玉県飯能市)
100_0062 水堀
北側の水堀がコンクリ被覆されてしまった。
他は特に変わりはない。
 
入間市ははじめてで飯能の城はすべて11年ぶり。
懐かしいというより新発見みたいな感じで面白かった。
これで飯能市はほぼ終わりかな。
まだ暑いけどピークは越したので楽だった。

2019年8月23日 (金)

飯能の居館跡など

8月は盆休みもなく、初旬の酷暑と体調不良もあり淡々と過ぎた。
近くでいいからどこか行きたいと思い飯能へ出かけた。
 
10:25 加治藤兵衛頼胤館(埼玉県飯能市)
100_0003_20190823141001 玉宝寺
昭和40年代の土塁の写真が残る居館跡。
丹党加治氏、戦国時代から近世にかけての館跡である。
菩提寺ではないので加治氏との繋がりを示すものは何もない。
 
10:44 判乃四郎基兼館(埼玉県飯能市)
100_0007 出世稲荷神社
100_0013 西側の渓谷
100_0015_20190823141101 丹生神社
18年ぶりかな?
たぶん自分が最初にここを紹介していると思う。
あれからいろいろ調べたが方形館の形は残されている。
今日は西側の谷を下り丹生神社まで行ってみた。
判乃氏は一代で滅んでいるためか手がかりは得られない。
 
だいぶ涼しくなりましたね。
もう少し寒くなるぐらいまではこんなことを繰り返す予定。


2019年7月 3日 (水)

瓶のコーラを求めて

日付変わっちゃったけど7月2日に北本市へ。
大宮の先はちょっと遠いので久しぶりだったと思う。

11:58 深井対馬守景吉屋敷(埼玉県北本市)
100_0003_20190703013201 壽命院
鴻巣七騎の一人、深井対馬守の屋敷跡。
深井氏は長尾景春の次男が祖であること、
その末裔から松平信綱や川越藩の家老を輩出したことを
北本市史や手持ちの資料で知った。
 
12:15 上手館(埼玉県北本市)
100_0006 土塁
大きなガスタンクが目印になった。
ガス工場の施設に沿って長大な土塁が残る。
金網がなければもっといいんだけど。
 
12:35 八幡館(埼玉県北本市)
100_0010 現況
鉤型に屈曲する道筋だけが往時を物語る。
 
ここから中山道沿いにいくつか廻る予定だったが、
予想以上に気温が上がり陽射しもあったりして断念。
カーッとした暑さは好きだけど、
じとっとした暑さは苦手なもので。
 
さっさと北本駅に戻り2駅先の北上尾駅へ。
ここは城館ではなくレトロ自販機が目当て。
大好きな瓶コーラとトーストサンドを食べて帰宅。

2019年1月 7日 (月)

私道から始動

遅いけど明けましておめでとうございます。
新年最初は1月3日に奥さんの実家から田波目城へ出かけました。
翌4日は早朝から気合入れて小仏城山を目指したのですが、
寒さもあって体調不良もございましてあきらめ、初沢城でお茶を濁しました。

思えばもう半世紀生きてるわけで無理もできません。
過信はしないよう少し抑え目で頑張れたらいいなあと思います。
今日も近場でも行こうかと思い、迷った挙句に久しぶりの川越市の下広谷古跡など。

 

11:26 宮廻館

Csc_1229 土塁と空堀
民家敷地ということもあって躊躇していた城ですが、
今日は思い切って踏み込んでみました。
けっこうよく残ってるんですね。川越城なんかよりずっといい。
 
 
11:44 往還上の館
Csc_1243 空堀
フェンスが張られて入れないです。
昔も柵はあったと思う。無理して入ろうとも思わないけど。
 
 
11:58 広谷宮前城
Csc_1279 空堀
以前は曇りだったのもあるけど真っ暗闇でした。
ようやくこの城の全貌を見てきましたが、案外残ってるんですね。
 
 
12:15 大堀山館
Csc_1291 土塁と空堀
県史跡になっても荒れ放題ですね。おかしな整備されるよりはいいですが。
それにしても素晴らしい遺構。平城としては埼玉県下でも上位だと思います。
 
 
12:35 戸宮前館
Csc_1303
広谷北城とも呼ばれています。
圏央道の工事や病院建設で半分が破壊されています。
残る遺構も風前の灯と思っていましたが20年近くそのままですね。
泥濘の城という印象しかないのですが、さすがに今日は渇水していました。
 
 
在家の館をころっと忘れて、そのまま若葉駅へ帰還。
中世城郭にハマった頃に訪れた城ばかりで懐かしいのと
破壊されずに頑張っているなぁという気持ちに浸りました。

2018年10月29日 (月)

今日は吉原、堀ノ内

今日は単発休みだったので出かけるつもりはなかった。
ただ、あまりにも天気がいいもので家にいるのがもったいなくなった。

11:57 砂陣屋(さいたま市見沼区)
Csc_9373 福徳稲荷
西尾吉次5千石の陣屋跡。遺構、案内板なし。

12:25 丸ヶ崎館(さいたま市見沼区)

Csc_9387 削り残された丘と社
区画整理でほとんど跡形もない。

12:44 辻谷堀ノ内(蓮田市)
Csc_9401 堀ノ内遠景
水堀があるけど近づくのはちょっと遠慮した。

13:00 桑原堀ノ内(蓮田市)
Csc_9416 北東の神明社
堀ノ内には天理教の教会があるので中へ入ってはいない。

13:52 新井堀ノ内(蓮田市)
Csc_9446 堀ノ内の現況
埋蔵銭で脚光を浴びた館跡。案内板があるのがいい。

ひさしぶりにまとめて廻ることができた。
東大宮駅から蓮田駅まで城館探訪をしながら11キロほど歩いている。
特に疲れもなく珍しく電車も待ち時間なく乗り継いでいる。
蓮田はまだ田舎っぽい景色が残っていて楽しい。
というわけで今日は堀ノ内ばっかり。

2018年9月13日 (木)

野与党

少し涼しくなったので岩槻へ。
猛暑の間も岩槻へは3回ぐらい行ったのかな?

11:20 須久毛六郎経高館
Csc_9223
畑に囲まれた小さな墓地に石塔婆があった。
その案内板に須久毛氏の居館について少しだけ触れられている。

12:00 柏崎次郎為経館
Csc_9257

箕匂氏から分かれた柏崎氏の居館跡。
久伊豆神社と公民館という典型的な居館跡のパターンだった。
神社の案内板にも柏崎氏館があったことが明記されていたのは嬉しい。

12:45 府内三丁目遺跡
Csc_9261
ショッピングモールですね。何もありません。

このあと岩槻駅までは岩槻城を通って帰った。
岩槻城は何度も来ているので完全にスルー。
こっち方面だと大宮の天下一品に立ち寄れるのが嬉しい。

より以前の記事一覧