フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

城館探訪

2022年10月26日 (水)

タバコでも吸いに

秦野市を駆け巡りました
実際は歩き回っただけですが・・

8:58 弘法山城 
Img_20221026_083021705
東波多野城ってやつですね
山の名前が弘法山なのでそう呼びます
浅間山、権現山、弘法山と
3つのピークがありますが、
それぞれが砦だったのかな
全体として考えると大きくなりすぎるし
 
10:18 波多野城
Img_20221026_095807898
城跡としてはかなり分が悪い城です
発掘で何も出なかったようですね
でも風光明媚というか
雰囲気はとてもよかったです
ここは来たかったし来てよかった
 
10:55 東田原中丸遺跡
100_0095_20221026195201
リアル波多野氏館として脚光を浴びた場所
方形居館の遺構が検出されたとか
今は公園と観光施設みたいなのがあるだけ
 
10:57 源実朝公御首塚
100_0099_20221026195201
悲劇の人実朝公の首塚です
その謂れからしても
このあたりが波多野氏の館でしょうね

11:14 東田原神社
Img_20221026_104622795
幻の田原城を探しにきました
比定地はどうも城らしくありません
東田原神社は土塁があります
ここから山本海苔工場の台地がそれっぽいかな
 
11:29 田原城
100_0113_20221026195201
西田原地区の香雲寺がある台地
ここが田原城の比定地なんですが
正直それらしさを感じない
というか田原城ってなかったんじゃないかな
せいぜい大藤氏の屋敷ぐらいの規模かと
 
12:00 今泉堀ノ内
Img_20221026_113946932
本当は和田兵庫屋敷とか行きたかったし
今泉城も見たかったんですが
ちょうどよいタイミングでバスに乗ったら
どっと疲れが・・
駅から近い今泉堀ノ内だけは立ち寄りました
城跡かは微妙だけど綺麗な公園です
 
往復とも小田急電鉄利用ですが、
JRや他の私鉄と比較しても
昔から思うことですけど
小田急って激安ですよね
マジで偉いなあと思います

さてさて秦野市は昔から有名なタバコの産地
今はもう世の中全体の嫌煙ファッショで
生産はされていないんじゃないかな
でもその名残りか知らないけど
駅の南北出口ともに喫煙所があり
道標まで設置されておりました

長旅で駅に着いたときに
タバコ吸えるって本当のおもてなしだよね

2022年10月20日 (木)

奥三河 長篠遠征①

10月19日、とうとう三河長篠へ遠征しました
一度は訪ねてみたかったのでね
訪問したのはすべて愛知県新城市です
 
10:10 鳥居強右衛門磔地跡
100_0009_20221020151801 100_0007_20221020151901
今しばらくの辛抱
お味方はもうすぐそこに
壮絶な最期を遂げた人ですね
 
10:23 中山砦
100_0017_20221020151801
新東名高速道路の建設で破壊された砦
なんと那波無理ノ助が守っていたんですね
上州で何度か出会った名で懐かしい
 
10:43 鳶ヶ巣山砦
100_0026_20221020151801
長篠城へ来たらここへ登らないわけにもいかず
何もないけど重要な役割を果たした砦
 
11:20 長篠城
ここは別掲で
 
12:35 武田勝頼本陣跡
100_0117_20221020152501
いくつかある勝頼本陣のひとつ
たぶんいちばん何もない場所かも
 
12:44 清井田陣屋
100_0121_20221020152601
松平氏の陣屋で中根氏が代官を務めた陣屋
新しい長屋門ですが雰囲気はよかった
 
12:48 下々村城
100_0126_20221020152501
南宋から亡命し日本で豪族になった
塩瀬氏の屋敷跡とされています
いろいろ苦労したんでしょうね
 
13:10 滝川惣八屋敷
100_0133_20221020152501
池田輝政の家臣滝川惣八の屋敷跡
長篠合戦で討死した甘利信康の碑がありました
 
13:15 設楽原古戦場
ここも別掲で
 
13:26 弾正山 徳川家康本陣跡
100_0160
横堀を巡らせたような立派な古墳がありました
家康本陣跡の石碑もあります
 
野田城はどうでもよくなりここで最後に
アップダウンの繰り返しで
下手な山城よりもずっと疲れてしまったので

2022年9月22日 (木)

海賊と貴公子

今季最初の遠征は伊勢志摩です。
名古屋から特急に乗ると意外と楽でした。
実はブログを書く前日の訪問です。
3連休を取得しており初日は台風の直後で延期。
他にもいろいろと事情があり一日遅れとなりました。
 
9/21 10:30 鳥羽城(三重県鳥羽市)
Img_20220921_101556432 Img_20220921_102030635
一度は来たかった城ですね。
海賊九鬼嘉隆の居城ですからね。
公園化はされているけど良い城。
潮風が香る城跡ってのはいいですね。
 
9/21 12:13 松坂城(三重県松阪市)
100_0133_20220922133301 100_0130 100_0102_20220922133301
ここも訪ねてみたかった城ですね。
信長と秀吉に仕えた貴公子蒲生氏郷の城です。
なんといってもあの石垣の規模。
関東だと江戸城ぐらいでしか出会えないですから。
ここまで来てかなり気温が上がり、
駅へ戻るころには多少熱中症気味でした。
 
9/21 12:25 四五百森城(三重県松阪市)
100_0094
松坂城の前身ですね。
本居宣長記念館あたりのようです。
古い感じの土塁が残っていました。
 
Img_20220921_125938598
松坂駅へ戻り駅弁購入。
フタ開けると音楽が鳴るので
待合室でさっさと食べました。
 
Trashed1666355416img_20220921_184247026
ちょっと疲れたのと
阪神糸井の引退試合があったので
早めに帰宅しようと新幹線へ乗り込みます。
 
ここで大事件が!

名古屋から10分足らずぐらいで
三河安城で列車は停車します。
なんと1本前ののぞみが豊橋で人身事故。
豊橋はホームドアがないんですってね。
だからといってホームの端までいって
通過線を走るのぞみに飛び込むって・・・

おかげで3時間缶詰です。
コロナもまだある時期に本当に嫌ですね。
特急料金が返還されたのはよかったけどさ。
 
Img_20220921_190924758
帰りは東京駅から大手町まで歩いてみた。
江戸城、綺麗だったなあ。


2022年4月11日 (月)

真田丸再び

たまたま連休になっちゃったので遠出を計画
全国的に気温が上昇する予報だったので
少しでも湿度が低く涼し気な場所をということで
久しぶりに上田へと出かけてみた

9:52 砥石城(長野県上田市)
100_0001_20220411202201100_0033_20220411202201100_0038_20220411202201100_0069
大手から登り、桝形、本城、砥石城と廻る
規模の大きさもさることながら、
しっかりと造り込まれた城という印象を受けた
何度か近くまで来ていたのになかなか登れずにいたけれど
やっと登ることができたのはうれしい
 
11:02 米山城(長野県上田市)
100_0114 100_0088_20220411202201 100_0100_20220411202201100_0107_20220411202201
砥石城から10分ちょっとで着いた
石積みがとてもきれいである
こちらは砥石城ほど大きくはなく
古い時代の土豪の城を取り込んだような感じである
 
12:31 長島堀ノ内(長野県上田市)
100_0122_20220411202201
まだまだ余力残しだったが
けっこう気温が上がりそうだったので
上田駅へ戻りつつ立ち寄った
遺構はありません
 
虚空蔵山系の城砦群、魅力的ですね
上田は近いので秋に何度か来ようと思います

2022年4月 5日 (火)

私の青い鳥

あの青鳥城が整備されたと聞いて訪ねてみた
実に9年ぶり、たぶん5回目だと思う
 
10:58 青鳥城(埼玉県東松山市)
100_0026_20220405182301二の丸 土塁
100_0133二の丸 虎御石
100_0056_20220405182301二の丸 空堀
100_0097本丸 空堀
びっくりするぐらい綺麗
養鶏場の悪臭と雑木だらけの堀底
なんとなく入りづらい雰囲気
そういったものが一切なくなった感じ
二の丸の堀から遠くが見渡せるなんて
本丸も綺麗に伐採されてすっきり
行くなら今!

2022年3月16日 (水)

谷村の反省と展望

実に4度目の勝山城だったが、
やっぱり谷村烽火台は登れずじまいだった。
そんなに高い山ではないけれど
いつも行程の最後にするので疲れてしまう。

100_0122_20220316163401
 
それでも昨日はけっこうやる気満々で
西涼寺から背後の尾根へ取りついたが、
これまでに山城で経験したことがないほどの強風が。
尾根は広くて安心だが、
いろんなものが顔へ飛んできたのでやめてしまった。

Img_20220315_111509862_mp
 
Img_20220315_110259831
 
けっこう明確な登山道で道標もあった。
20分もあれば着いたんだろうけど
もったいないことしたな。
 
Img_20220315_115932076_mp
 
帰りに都留市駅の観光地図を見ると
この尾根は古渡城まで続いているのがわかる。
途中の峰々にも砦があるような気がしてきた。
というわけでここはまた行きます。

2022年3月15日 (火)

小山田氏とその所領

10年ぶりに都留市を訪ねてみた
もうそんなに歳月が過ぎてしまったのか
 
7:57 徳重屋敷(山梨県都留市)
100_0002_20220315204801
徳重長者なる者の屋敷跡
今は日帰り温泉が建っている
 
8:06 道生堀(山梨県都留市)
100_0008_20220315204901
歴史不明の城館比定地
立地条件が秩父の荒川流域の城に似る
 
8:21 中津森館(山梨県都留市)
100_0017_20220315204901
こちらに至っては18年ぶり
まだ娘が1歳の頃
今では大学生になっている
 
9:07 谷村城(山梨県都留市)
100_0060_20220315204901
この石碑も何度撮影したことだろうか
谷村の街並みはとても好きですが
 
9:40 勝山城(山梨県都留市)
100_0151 Img_20220315_093633867
なぜか初夏や真夏にばかり訪ねていた
たまには冬か早春もいいかなと
きれいに整備されて気持ちがいい城
 
11:03 谷村烽火台(山梨県都留市)
100_0122
いつかは登ろうと思っていたけど
今日も最後に取っておいたら疲れてしまった
いや、疲れよりも暑さと強風に負けた
堀切見たかったんだけど
 
もうぼちぼち盆地の城はきついかも
陽射しがあるとかなり消耗する季節になってきたから

2022年3月 9日 (水)

加藤丹後守のふるさと

昨日の夜明け前に出陣したが雨と午後の予報の悪さから中止
仕切り直してまた夜明け前から出陣しました
 
7:38 鶴川館(山梨県上野原市)
100_0009_20220309204801
甲州街道の鶴川宿を見下ろす場所
何もないけど雰囲気が良い場所でした
 
8:49 大倉砦(山梨県上野原市)
100_0082_20220309204801
ちょうど10年ぶり
もう10年も前のことだったのかと
ちょっぴり切なくもなりますね
木々が切られて桝形虎口もバッチリでした
 
10:46 大椚館(山梨県上野原市)
100_0104_20220309204901
保養所だかが建っていて遺構なし
長峰砦を守備した土豪衆の居館でしょうかね
 
11:02 長峰砦(山梨県上野原市)
100_0115_20220309204901
友人がずいぶん前に土塁を確認していたので
19年ぶりにそれを確かめに来ました
削り残しの土塁が確かにあります
 
上野原駅から延々と歩いてまた上野原駅へ
天気が良かったのが幸いで気持ち良かったですが
やっぱり疲れますね
でも今はもう次の休みはどこへ行こうか
そんな感じですね

2022年3月 2日 (水)

勝頼の焦燥

ずっと訪ねてみたかった城のひとつ
そう!高天神城へやっと行けました
掛川までもまあまあ遠いけど
そこから先がまたさらに遠かった
 
9:36 渡辺金大夫屋敷(静岡県掛川市)
100_0011_20220302192701
前は標柱があったと思うのですが、
案内板になっていました
 
9:48 高天神城(静岡県掛川市)
100_0006_20220302192701 100_0055_20220302192701 100_0084_20220302192701 100_0113_20220302192701
武田と徳川の激戦地ですね
一度は見ておきたかった城なので嬉しいです
遺構も噂に違わぬ素晴らしさ!
 
11:20 渥美源五郎屋敷(静岡県掛川市)
100_0145
首切り源五ですね
今も民家の周りに土塁が残ります
 
12:21 小笠山砦(静岡県掛川市)
100_0183 100_0227
実は高天神城よりこっちがメインだったかも
砦と呼ぶには凄すぎる遺構の連続
全部の尾根先端までは見ていません
まじめな話、かなり危険な山城です
 
13:58 掛川城(静岡県掛川市)
Img_20220302_135849003_mp
古城へ向かう途中に通ったので
せっかく来たわけですからね
 
14:05 掛川古城(静岡県掛川市)
100_0260
ずいぶんと久しぶりです
実はこの堀切見ていなかったんですよ
 
掛川駅から高天神城まではバスを利用
渥美源五郎屋敷から小笠山砦まで
徒歩でぴったし1時間はすごいでしょう
おかげさまで脚力は衰えないですね
 
でもさすがに小笠山砦から下山後は
掛川駅までタクシー呼びました、、、
すごい城2つ見てしまったので
この先はしばらくどこ見ても
見劣りを感じてしまうかもしれませんね

2022年2月22日 (火)

結城から小山へと

今日は思ったよりも暖かかった。
こんな日は城を歩きたいもの。
夜明け前でもそれほど寒さは感じなかった。
 
8:09 結城城(茨城県結城市)
Img_20220222_081007926実城の空堀
17年ぶりに訪れた。
前は真夏でさすがに堀底へは行けない。
この空堀を見るだけで訪ねた甲斐があった。
 
9:50 城ノ内館(茨城県結城市)
Img_20220222_093349157土塁
ここははじめて。
結城市内には不思議と方形館がよく残る。
結城氏初期の館とされているけれど、
土塁の規模から考えても後々まで使われた感じ。
 
11:36 神鳥谷館(栃木県小山市)
Img_20220222_111237010土塁
ここも17年ぶり。
線路際に真っ直ぐ伸びる土塁は見事。
小山市でおなじみの石碑が撤去されているような。
 
12:04 鷲城(栃木県小山市)
Img_20220222_114801192中城の空堀
やっぱり17年ぶり。
冬場なので堀底へ降りてみるといきなりこれ。
あまり印象に残っていなかった城だけど、
こんなに素晴らしい遺構があるなんで。
 
13:12 長福城(栃木県小山市)
Img_20220222_124911169_mp土塁かな
なんってったって17年ぶり。
石碑はあるけれど遺構は分散している。
真冬でも夏に来たときより藪がひどかった。
龍ヶ岡城と呼ばれていたかもしれないそうです。
 
 
最初は栃木市を予定していましたが、
越谷まで行って乗り換えるのが面倒なので。
結果、今日の行動予定のほうが良かった。
前は結城から小山まで余裕で歩いて戻りましたが、
さすがに今回は電車使いました。
だから中久喜城はあきらめています。

より以前の記事一覧