フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月22日 (火)

結城から小山へと

今日は思ったよりも暖かかった。
こんな日は城を歩きたいもの。
夜明け前でもそれほど寒さは感じなかった。
 
8:09 結城城(茨城県結城市)
Img_20220222_081007926実城の空堀
17年ぶりに訪れた。
前は真夏でさすがに堀底へは行けない。
この空堀を見るだけで訪ねた甲斐があった。
 
9:50 城ノ内館(茨城県結城市)
Img_20220222_093349157土塁
ここははじめて。
結城市内には不思議と方形館がよく残る。
結城氏初期の館とされているけれど、
土塁の規模から考えても後々まで使われた感じ。
 
11:36 神鳥谷館(栃木県小山市)
Img_20220222_111237010土塁
ここも17年ぶり。
線路際に真っ直ぐ伸びる土塁は見事。
小山市でおなじみの石碑が撤去されているような。
 
12:04 鷲城(栃木県小山市)
Img_20220222_114801192中城の空堀
やっぱり17年ぶり。
冬場なので堀底へ降りてみるといきなりこれ。
あまり印象に残っていなかった城だけど、
こんなに素晴らしい遺構があるなんで。
 
13:12 長福城(栃木県小山市)
Img_20220222_124911169_mp土塁かな
なんってったって17年ぶり。
石碑はあるけれど遺構は分散している。
真冬でも夏に来たときより藪がひどかった。
龍ヶ岡城と呼ばれていたかもしれないそうです。
 
 
最初は栃木市を予定していましたが、
越谷まで行って乗り換えるのが面倒なので。
結果、今日の行動予定のほうが良かった。
前は結城から小山まで余裕で歩いて戻りましたが、
さすがに今回は電車使いました。
だから中久喜城はあきらめています。

2022年2月17日 (木)

谷保の城山

14年ぶりに谷保城へ
見学が限られる城なので再訪をしていなかった
最近は遠出も億劫になってきたので
たまには見てみるかと
 
谷保城(東京都国立市)
100_0023_20220217190301 100_0037_20220217190301 100_0025_20220217190301 
以前と変わらず程よくまとまった城という印象
道路からでも十分に遺構は見られるし
手軽に散策できる佳作
 
今日はここだけにしておいた

2022年2月 1日 (火)

イバラの道をゆく

3年ぶりに茨城県へ降臨する
電車での長距離移動は正直リスクがあるけれど
残りの人生もったいなく思えてきてしまい

8:06 実穀古屋敷 茨城県稲敷郡阿見町 
100_0010_20220201160701
案内板はあるものの
雑木林に踏み入っても遺構と断言できるものは
自分は見つけられなかった
 
8:33 上小池城 茨城県稲敷郡阿見町
100_0007_20220201160701
ここも案内板こそあるけれど
遺構ははっきりわからない
中心部の宅地化が著しい
 
9:00 下小池城 茨城県稲敷郡阿見町
100_0050_20220201160701
いきなり駐車場と城址公園の案内板が
こいつは期待できるかなと思ったが
公園化されたのは遠い昔のこと
本丸はもう近づくことすらできない
 
9:44 福田城 茨城県稲敷郡阿見町
100_0076_20220201160701
民家の奥に良い遺構があるらしいが
このコロナ禍ではなかなか声がけできないし
寺院周辺のみ歩いてみた
 
10:16 久野城 茨城県牛久市
100_0090_20220201160701
ちょっと行きたかった城
主郭は墓地があるおかげできれい
二の郭はもう無理
 
11:36 岡見城 茨城県牛久市
100_0161_20220201160701
今日いちばんよかったかな
とにかく土塁がどっしりしているのが好き
思ったより歩きやすかったけど
ここに限らず倒木がひどくて
 
茨城県もやっぱり千葉県と同じで
倒木と竹林のせいで残念な城が多い
遺構はよく残っているのにな

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »