フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 印西の城を歩く | トップページ | 津久井城へ朝駆け »

2022年1月16日 (日)

18年ごしの水房館

房総へ向かうべく始発に乗ろうとした直前に
トンガの海底噴火で津波警報が出ていることを知る。
内房線は運転を見合わせているし、スッパリとあきらめた。
だったら埼玉でいいやと東上線に切り替える。
 
7:38 杉山城(埼玉県比企郡嵐山町)
100_1003 100_0021_20220116161101 100_0064_20220116161101
相変わらず素晴らしい城。
城好きの中学生を案内したとき以来だから
もう9年も前のことになるが、彼ももう立派な社会人。
観音寺城で偶然出会って以来、
翌年には米原で待ち合わせて鎌刃城へ登った。
とても懐かしい。
懐かしいといえば杉山城もじっくり見るのは12年ぶりだった。
 
9:50 水房館(埼玉県比企郡滑川町)
100_0132 100_0024_20220116161101 100_0128_20220116161101
18年前はスズメバチに追い払われた。
2年前は12月に来たのにやはりスズメバチの大群が。
縁のない城だと思っていたが、
ようやく探索することができた。
でもここは城ではないように思います。
 
比企郡の城跡は何度来てもやっぱり落ち着く。

« 印西の城を歩く | トップページ | 津久井城へ朝駆け »

城館探訪」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。その節は大変お世話になりました。コメントは書けてなくて申し訳ないですが、今でもほぼ毎回ブログは読んでます。杉山城や菅谷館を案内していただいたことは、私にとっても、とても印象深い思い出です。
こちらは、高校卒業したあと奈良大学に進学し、今は学部3回生です。考古学ではなく文献史学の方に進みましたが、今でも(コロナ禍で前ほど行けてはいませんが)お城巡りは続けています。今年の夏も博物館実習のレポートのために下田まで取材に行ってきたので、下田城に寄り障子堀を見てきました。また、先日引退しましたが、部活は城郭研究会に入り、部活の仲間と城を踏査し縄張り図を作成するなど活動していました。
卒論では「織田信忠の信貴山城の戦い以後の立場の変化」を扱うつもりで、発給文書を中心に史料を読んでいます。ただ、なかなか先行研究以上のことはできず苦戦していますが。
長々と自分語りをしてしまい申し訳ありません。前々から何かのの機会に近況をお伝えできればと思ったので、話題に出していただいた機会にコメントさせてもらいました。こちらは、授業の課題の処理に四苦八苦したりしていますが、学びたいことを学べて充実しています。軍曹さんもお体に気を付けてお過ごしください。長文失礼しました。

本当にお久しぶりです。
こちらこそ近江八幡、米原、埼玉とご一緒したことを、
今も思い出したりしますよ。
鎌刃城の堀切や佐和山城の石垣、懐かしいですね。
城郭研究もさらなる高みに向かっておられるようで素晴らしいなと思います。
何より近況を伝えて頂きこんなに嬉しいことはありません。
今後も一層のご活躍を期待しています。
関東へ来られることがあればぜひお声がけください。
久しぶりに気持ちが高ぶりました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 印西の城を歩く | トップページ | 津久井城へ朝駆け »