フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月25日 (火)

小野路の古道と城跡など

コロナも12000超だが
自分がやることは変わらない
もうやけっぱち
 
7:37 小野路城(東京都町田市)
100_0029_20220125171701
懐かしいなあ小野路城
城跡も良いけど周辺の風景が好き
今まで見落としていた堀切なんかを中心に

8:47 小野路関屋城(東京都町田市)
100_0082_20220125171901
はじめて訪ねた城
思っていたよりずっと良かった
町田市で二重堀切が見られるとは
 
9:23 殿持屋敷(東京都町田市)
100_0098_20220125171901
まったく痕跡を留めない
丘陵上も歩いてみたけど何も・・

10:12 中島屋敷(東京都多摩市)
100_0100_20220125172001
何もないけど帰り道だったので

10:17 島崎屋敷(東京都多摩市)
100_0103
標柱ができたので見ておいた
 
久しぶりの町田市だったけど
のどかな景色が昔のままで癒されたなあ
本当に東京都かと思ったもの

2022年1月20日 (木)

津久井城へ朝駆け

ちょうど2年ぶりの神奈川県
そのときは三浦半島で今回は津久井湖周辺
再訪ばかりだけど楽しい散策となった
 
7:24 津久井城(神奈川県相模原市緑区)
100_0118 100_0045_20220120174701 100_0057_20220120174701
10年ぶり4度目かな?
何度訪れても良い城は良い
バリエーションルートが豊富な山城だが
近年の台風や大雨で閉鎖された道が多かった
縄張り図面もいらないぐらいで楽勝
 
11:12 小松城(神奈川県相模原市緑区)  
100_0121 100_0163 100_0149
こっちは14年ぶり2度目
小規模だけど遺構はよく残る城
ほとんど堀切がみどころだけど
尾根はかなり藪が増えて歩きづらかった
 
今日はこんな感じ
房総半島の南へ行きたいけど
コロナがひどいことになってるので・・
来週の東京はもう1万人超確定でしょうね
それでも出かけるけどね

2022年1月16日 (日)

18年ごしの水房館

房総へ向かうべく始発に乗ろうとした直前に
トンガの海底噴火で津波警報が出ていることを知る。
内房線は運転を見合わせているし、スッパリとあきらめた。
だったら埼玉でいいやと東上線に切り替える。
 
7:38 杉山城(埼玉県比企郡嵐山町)
100_1003 100_0021_20220116161101 100_0064_20220116161101
相変わらず素晴らしい城。
城好きの中学生を案内したとき以来だから
もう9年も前のことになるが、彼ももう立派な社会人。
観音寺城で偶然出会って以来、
翌年には米原で待ち合わせて鎌刃城へ登った。
とても懐かしい。
懐かしいといえば杉山城もじっくり見るのは12年ぶりだった。
 
9:50 水房館(埼玉県比企郡滑川町)
100_0132 100_0024_20220116161101 100_0128_20220116161101
18年前はスズメバチに追い払われた。
2年前は12月に来たのにやはりスズメバチの大群が。
縁のない城だと思っていたが、
ようやく探索することができた。
でもここは城ではないように思います。
 
比企郡の城跡は何度来てもやっぱり落ち着く。

2022年1月 4日 (火)

印西の城を歩く

元旦と2日は仕事で3日は奥さんの実家へ
実質的に今日が正月休み初日というわけになり、
わりとあっさり印西市へ行こうと決めた。
千葉県も房総半島の先端とはまったく異なる気候で
下総の内陸部は本当に寒い。
 
7:47 松虫城(千葉県印西市)
100_0003_20220104172601土塁
北総鉄道の終点から徒歩15分ほど。
場所はすぐわかったが南端の土塁と空堀を除けば藪。
まだ暗くて藪漕ぎしても写真映えしないだろうと撤収。
 
8:38 鎌苅館(千葉県印西市)
100_0036_20220104172701土塁と空堀
消化不良だった松虫城とは違い、
鎌苅館の遺構は見に来てよかったと思えた。
薄暗い竹林だが遺構は本当に見事なものだった。
 
9:27 高田山城(千葉県印西市)
100_0058_20220104172701空堀
この日いちばんの楽しみだった城だが、
猛烈な藪で歩くのも困難なほど。
遺構は完全に残っているのに、
これでは何がなんだかわからない。
 
10:03 岩戸城(千葉県印西市)
100_0102_20220104172701虎口の土塁と空堀
単なる小規模な方形館と思いきや、
びっくりするような土塁と空堀だった。
台地上の邸宅は土塁囲みのものもあり、
実際の城域はもっと広かったと思う。
 
10:28 米津出羽守屋敷(千葉県印西市)
100_0117_20220104172801
屋敷跡付近
小高い丘の上にあるお堂あたりが屋敷跡らしい。
遺構はないようなあるような感じ。
雰囲気はよくて見晴らしも良かった。
 
11:25 先崎城(千葉県佐倉市)  
100_0140_20220104172801 土塁と空堀
ここから佐倉市に入る。
けっこう歩いて疲労が溜まる。
遺構がまとまる場所は民家の敷地内。
可能な限りアプローチしたけど中途半端だった。
 
千葉の城は豪快で好きなんだけど、
竹林と倒木と藪が避けては通れません。
これさえなければ毎週通うんだけどね。

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »