フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 14ジョージ・アリアス | トップページ | 56御子柴進 »

2020年6月 3日 (水)

28中田良弘

85年の優勝の功労者ですね。
ゲイルとともに弱体先発陣を支えました。
ルーキーのときはけっこう球速もありましたが、
故障もあって緩急を使って打たせて取るピッチングにチェンジしました。
中田といえばやはり無傷の18連勝でしょう。
こう書くと楽天のマーくんみたいですけど、
中田の場合は足掛け5年かかっての記録です。
それもリリーフで投げるとなぜか勝ちがつく幸運がありました。
でもその幸運がちょうど85年に当たったのはラッキーでしたね。
勝ち運を買われたのか途中から先発に回りました。
とにかく負けなかったですね。
最終的には5敗していますが、12勝しているから十分です。
投げていくうちにしっかり試合を作るようになり、
甲子園の広島戦ではなんと初完封。
吉竹が回転しながら飛球をキャッチしたのを覚えています。
中田がグラブを振ると吉竹もそれに応えてかっこよかったですね。
 
この年ですべての運を使ってしまったわけでもないでしょうが、
翌年からは4年間未勝利でした。
登板数が少ないところを見ると故障をしたと思われます。
さすがにもう無理かなと思いましたが、
90年に抑えで復活し10勝を挙げています。
ただ、先発の勝利を消して自分に勝ちがつく展開も多かったです。
抑えで防御率3点台半ばだから威張れた数字ではないですね。
それからはまた未勝利のシーズンが続き、
94年をもって引退しました。
 
ドラフト1位としてはちょっと物足りない通算成績ですが、
85年の優勝をもたらすために存在したような投手でした。
引退後は現場復帰することなく解説をしていましたが、
最近はあまり見かけなくなりました。
あの優勝を思い出すとき必ず思い浮かぶ投手なんですけどね。

« 14ジョージ・アリアス | トップページ | 56御子柴進 »

猛虎列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 14ジョージ・アリアス | トップページ | 56御子柴進 »