フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月22日 (水)

浄福寺城を極める

6年ぶりに浄福寺城に登った。
昨日は三浦半島の丘陵を歩き回ったが
翌朝はそれほど疲れもなかった。
曇り空だったので迷ったけど雪が降ったら当分行けない。
一気呵成に強行したが散策中は日差しに恵まれた。
 
1度目は図面もGPSもなく主郭付近を見ただけ。
2度目は伐採された枝が堀切に積まれて移動できなかった。
3度目は北尾根を見て満足してしまった。
4度目にしてやっとすべての尾根を歩いた。
東尾根の遺構を見逃したら一生損するところだった。
 
11:35 浄福寺城
100_0002 川原宿大橋バス停からの遠景
100_0006_20200122174101 西尾根の堀切と土橋
100_0040_20200122174101 東尾根の堀切
100_0054_20200122174101 東尾根の堀切
100_0066_20200122174101 北尾根の堀切
100_0072_20200122174101 北尾根の連続竪堀
 
なんか八王子城と滝山城がどうでも良くなってきた。
いくつも連なる堀切、それも半端じゃない規模。
平日の昼間だから訪れているのは自分ひとり。
疲れなんてまったく感じないほどアドレナリン出まくり。
今月はこれでおしまい。来月はどうしようっか?

2020年1月21日 (火)

三浦の者には馬場も同然

18年ぶりの三浦一族の城館探訪です。
前回は衣笠城から浦賀城へ。
今回はまったく逆のコースをやっぱり歩いて廻りました。
おぉ、浦賀では渡し船に乗りましたけどね。
そんなわけで今回はすべて横須賀市です。
 
7:59 浦賀城
100_0014_20200121203401 堀切
叶神社から石段ではなく杣道を。
いきなり堀切に着きます。
よく見ると二重堀切じゃないかな。
 
100_0045_20200121203801 渡し船から見る浦賀城
向こう岸まで歩いたら40分以上かかるけど
渡し船なら数分でしかも2百円!
 
9:02 浦賀奉行所
100_0054_20200121203501 石垣と水堀
遺構あるのは知らなかった。
しかも案内板まであるし。
 
9:28 怒田城
100_0063_20200121203501 主郭?
馬蹄型丘陵は半分が削られています。
だからどっちが主郭かわかりません。
眼下の京急久里浜駅まで入江だったとは。
 
10:18 佐原城
100_0086_20200121203501 土塁と堀切
いちおう遺構みたいです。
何もないと思っていたけど。
 
11:02 大矢部城
100_0095_20200121203501 遠景
またしても遠景のみ。
グーグルマップはバカだよね。
 
11:53 衣笠城
100_0126 堀切
いろいろ言われる衣笠城ですが、
平安時代の城だもの。
物見岩の向こう側のは立派な堀切。
三浦義明がいただけでいいじゃないかと。
 
天気も上々で気持ちよかったなぁ。
三浦党とか鎌倉時代とかテンション上がるよね。

2020年1月15日 (水)

2400

節目の2400城訪問をどこにしようかと思案した。
昨年秋からけっこう遠征しているので遠出はせず、
できれば地盤である関東でと決めていたが、
1年前に訪れずじまいだった犬成城を選んでみた。
 
8:49 犬成城(千葉県市原市)
100_0033 主郭跡の土塁
藪をかいくぐり倒木を越えるのが大変だった。
でも農道から比較的アクセスは楽である。
主郭と二の郭は見事なものだったが、
なぜか土塁は全周していない。
堀底へ降りようと思ったが猪がうるさいからやめた。
 
9:24 犬成向山城(千葉県市原市)
100_0045_20200115175801 主郭跡の土塁と空堀
ここを探すのは大変だった。
とにかく倒木で進めない。
思えば去年も一昨年も千葉は台風でひどくやられている。
やっとのことで見つけた土塁と空堀だが、
遺構は本当にこの一点だけに集約されている。
 
12:14 花輪城(千葉県船橋市)
100_0074_20200115175901 土塁と空堀
ちょっと離れた場所なので敬遠していた。
駅からは近いのでついでに立ち寄る。
城というより一時的な陣地なんでしょうかね。
 
今日はここまで。
さすがに上総は遠いっすわ。
あとは大多喜城と気が向けば勝浦城ぐらいかな。
遠いし藪だらけだし倒木だらけだし。

2020年1月10日 (金)

たぶん最後の初沢城

本格的に城跡探訪をはじめた頃に登ったのが初沢城だった。
主郭からの眺望が素晴らしかったのと登りが楽という印象がある。
あれから長い歳月が流れ主郭からの眺望は真冬でもまったく利かない。
 
11:14 横山党館
100_0012_20200110235101 妙薬寺 横山秀綱供養塔
八幡八雲神社で案内板を見てから
妙薬寺の横山塔を見た。
傍らにあるのは山本勘助曾孫の墓という。
 
11:55 長田作左衛門屋敷
100_0015_20200110235101 横山町郵便局
ただの郵便局で案内板もない。
今はどうだか知らないが以前は八王子の文化財だったとか。
 
12:09 八王子陣屋
100_0017_20200110235101 産千代稲荷神社
こちらは今も八王子市の史跡
石碑が建つだけですが。
 
12:35 大江氏館伝承地
100_0027_20200110235101 廣園寺
大江広元の子孫大江師親開基の古刹。
たぶん居館ではなかったかと思うけど、
西国の雄毛利氏に繋がる寺院ということで。
 
13:19 初沢城
100_0064_20200110235101 東尾根堀切
100_0058 東尾根堀切2
100_0067_20200110235101 南尾根堀切と土橋
100_0074 南尾根堀切2と土橋
100_0080 西尾根堀切
100_0098 北尾根堀切
西尾根と北尾根の堀切ははじめて見た。
今までの自分は初沢城の魅力の半分ぐらいしか見ていなかった。
これでもうほとんどすべてを見ることができたと思う。
大好きな城だけどたぶんこれが最後なんだろうな。
 
年齢的に少しずつ足も衰えたし
何よりも視力が年々弱くなってきて
ちょっと暗い場所だと見えないですね。
だから山城で日が当たらない道はもう怖くて。
とにかく今日の初沢城は愛おしむように歩きました。

2020年1月 6日 (月)

本郷城(埼玉県川口市)

遠い昔に本郷城へ訪れたときは傑伝寺だけ見て帰った。
手前の雑木林がとても意味ありげで気になっていた。
航空写真を見ていたら刈り払われていたので再訪してみた。
 
Hongo 本郷城の地勢
明治時代の地図を参考にすると
だいたいこんな感じかな。
 
100_0011_20200106171001 参道
緩やかながら案外長い坂道。
ここで地元のおじさんに話しかけられた。
「お兄さん、ここは本郷城だよ」
えっ!知ってるの?
子どもの頃から住んでるからよく知ってるらしい。
細かいことは省くけど曲輪と呼んでいたそうな。
 
100_0014_20200106171001 参道脇の土手
鬱蒼とした竹林と雑木だった。
以前は立入禁止の看板があり入らなかったけど。
 
100_0013_20200106171001 見事な切岸
実際はやや段がついていた。
これを見にきたわけだから。
  
100_0016_20200106171001 伐採されたあと
きれいさっぱり。
宅地分譲が始まるんだろうな。
昔訪れた川口市の戸塚城がこんな感じだった。
 
100_0024_20200106171001 台地縁の土塁
訪れてよかった。
今後どうなるか知らないがとりあえず見たぞ。
 
この日は他にもいくつか廻り川口市内の城郭はコンプリート
もう二度と来ることはないんだろうな。

赤山城(埼玉県川口市)

18年ぶりに赤山城を訪ねてみた。
近世城郭並の広さを誇るらしいが、前回は石碑とその周辺しか見ていない。
まだフィルムのカメラを使っていたので撮影枚数にも制約があったので。
 
Akayama 
縄張りはざっとこんな感じです。
あくまでも中心部だけで実際はもっと広い。

100_0037 赤山山王社
中世城郭の櫓台をそのまま使用した感じ。
伊奈陣屋と同じく岩槻太田氏系の城を流用したものかと。
 
100_0030_20200106165201 東堀
野鳥観察をしているおじさんがいた。
ルリビタキを狙ってきたがなかなか現れないそうな。
 
100_0041 北堀
民家の裏側にあるけどちょっと行き方がわかりづらい。。
 
100_0042_20200106165201 本丸跡
石碑があるだけでだだっ広い草原。
 
100_0048_20200106165201 南堀
手入れされているけど実際は5m以上あったらしい。
 
100_0055_20200106165201 南西堀
ここは往時の雰囲気をとどめているかも。
 
100_0064 二の丸跡
これって遺構なのかな。
最近のものっぽいけど。
 
来てみて良かった。
家臣屋敷は今もびっしりと家が建つけど、
このあたりは農地が多くてなんだか好き。
 

2020年1月 3日 (金)

金杯は大波乱

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
新年緒戦は東京都の最果てを訪ねてきました。
奥多摩駅に着いたのは午前7時前でようやく明るくなった頃でした。
 
舗装された林道を歩くだけなのでそれほど大変ではないですが、
誰もいない道を1時間歩くのは緊張感が高まります。
最近の熊はあまり寝ないのでね。
 
100_0006_20200103132201 遠景
真ん中の尾根上に遺構があります。
  
100_0029 城跡入口
あとから気づいたんですけどね。
往路は道路から斜面を下りました。
 
100_0009_20200103132201 堀切
道路上からも見えていました。
いきなりドーンです。
 
100_0011 堀切
上の堀切を横から見たところです。
 
100_0012_20200103132201 堀切2
少し下るとまた堀切が。
最初のは里道の切通しに見えなくもないですが、
こちらは紛れもなく堀切でしょう。
 
100_0014_20200103132201 平場
墓地と廃屋を過ぎると平場があります。
家があったときに畑でも造ったのかも。
ここにも堀切があったと思います。
 
100_0019_20200103132201 郭内部
はっきりした道があるので安心します。
 
100_0023 土塁
東側に残る土塁は立派でした。
 
さて、誰の城なんだろう。
平将門は置いておきましょう。
将門の後裔を称した三田氏で間違いないかと。
途中には三田羽黒神社もありましたし、
三田氏の勢力圏だったことは確かだと思います。
帰りはそのまま青梅で乗り換えて拝島へ。
疲れたので素直に帰宅しました。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »