フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 死の行軍ほどでなく | トップページ | ドイかドヒかトイか »

2017年8月28日 (月)

ひきこもろ

6月からずっとひきこもりだったのでたまには発散しないと

久しぶりに和平さんと二人で信州小諸を中心に

7:57 富士見城
Dsc_2932 Dsc_2953
高原美術館から登りなしで行けるのが魅力
ここは小諸市でもお気に入りなので3度目でも飽きない
石積みは大部分が???だけど良い城だと思います

9:14 菱形城
Dsc_2983
浅間サンラインで分断されており遺構はいまひとつ
なれども何とか堀の痕跡は見つけ出しました
跨線橋にばっちり菱形城の名前があるのがご愛嬌

9:53 城ノ峯館
Dsc_3012
用水路を気にしつつ山頂の館跡へ
段郭と土塁が確認できました

10:44 丸山
Dsc_3021
地形だけでも確認しましょうと軽い気持ちで訪問
宮坂先生の図面にはない土塁があったり
けっこう石積みがあったりでここは存分に楽しめました

11:22 高津屋城
Dsc_3048
何となく来てみたかった城です
おかげで訪問が叶いました
主郭はそこそこ藪もなく土塁も見られますが
二の郭はもうちょっとゲンナリするほどの藪

11:43 東沢城
Dsc_3066
郭が良好に残っています
土塁らしい遺構もありました

道の駅でひさしぶりに唸りたくなるようなカツ丼を食べた
ダシの香りが鼻をくすぐりカツもまたデカいし分厚い絶品
くるみそばはかなり時間がかかるので注意です

13:30 松井愛宕山城
Dsc_3078
城というか烽火台っぽいです
帯郭がとても綺麗な城でした

13:50 長張城
Dsc_3096
神社境内となっています
社の背後にあるのが土塁と図面に記されていましたが
これはどうみても神社に伴うものでしょう

14:12 宮崎城
Dsc_3108
諏訪神社背後に土塁があるとのことですが
これもやっぱり神社に伴うものじゃないかと

14:50 上三田原城
Dsc_3123
土塁があるようなんですがね
ちょっと藪がひどいのと民有地だったので深入りせず
今日、唯一遺構までアプローチできなかった場所です

15:04 針木沢城
Dsc_3135
一面の畑でした
堀跡は藪のため近づけず
畑の中に堀跡を確認できたのみ

15:30 馬瀬口城
Dsc_3143
柵口神社を中心とした一帯が城跡です
腰郭に土塁がありました

16:09 十石城
Dsc_3156 Dsc_3166 Dsc_3176
ラストは十石城
ここへたどり着く道中は苦難の連続でした
アクションシーンもありました
遺構はそこそこでしたが達成感はいちばんじゃなかったかな

というわけでまだ暑い小諸とその周辺を中心に13か所
頑張りましたね
関東と違ってクモの巣が少ないのとスズメバチがあまりいないです
吹いてくる風がとても気持ちよかったな

« 死の行軍ほどでなく | トップページ | ドイかドヒかトイか »

長野県の城館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

昨日はいろいろとお世話になりました 

十石城では、僅か幅1m前後の水路を跨げず失礼いたしました
年々歳々体の衰えを痛感しております(^^ゞ

ナビありがとうございました
また、これに懲りずにお付き合い願えれば幸いであります

こちらこそありがとうございました
高津屋城は行きたかった城なのでありがたかったです
十石城は脳裏にイメージがあるうちにさっとアップしました

豪快な城攻め乙です
遺構も楽しめたようで何よりですね

信州の城というだけで涼しそうに見えますね

日陰はだいぶ涼しいです
日差しはあっても風があるし
藪もひどくないし何よりクモがいません
これでも小諸はまだまだ半分以下ですからね

こんばんは。私は埼玉の秩父出身です。私自身歴史が好きで有名な史跡は訪れていたのですが、自分の祖先のことは何も知りませんでした。こちらのページに実家の近くの写真が載っていたのでたまたま見させていただいたとろ、自分の先祖と思われるが人名を見つけました。まさか先祖がそこそこ名のある武士だったとはまったく思っていなかったため、かなり驚きました。早速親にも知らせました。おかげで自分のルーツを少し知ることが出来たので大変感謝しています。実は少し離れた山中に、親や祖父もなんだかわかっていない石碑がひっそりと建っております。子供のころから特に気にもしていなかったのですが、今度帰省したときに詳しく調べてみようかと思います。
これからもがんばってください。

加藤様、はじめまして
こういった内容の書き込みを拝見すると本当に嬉しく思いますし、自分自身への励みにもなります
ご家族にまでお話頂けたとのこと
ご先祖様の事跡が少しでも紐解けるお手伝いができたのであれば、これに勝る喜びはございません
わざわざお伝え頂き本当にありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもろ:

« 死の行軍ほどでなく | トップページ | ドイかドヒかトイか »