フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

2018年12月14日 (金)

グンナイベイビー

朝の大月駅は凍え死ぬぐらい寒かった。
富士吉田へ向かう道中は霜で真っ白だったり、それが雪だったり。
月江寺で降りて館跡探索から物語は始まる。

 

8:03 下吉田新屋敷(山梨県富士吉田市)
Csc_0777 市杵島神社
小林尾張守の屋敷と伝わるが特に何もありゃしない。

 

8:14 小林和泉守屋敷(山梨県富士吉田市)
Csc_0781 松尾神社
小林和泉守の屋敷跡。和泉守を慰霊した祠がある。
甲斐の山城と館では境内南の起伏を土塁痕と捉えている。

 

8:51 吉田城(山梨県富士吉田市)
Csc_0827 主郭跡の土塁
市街地の中で細長く伸びる丘が吉田城山だ。
以前、9月に麓まで来たが諦めているが、こんなに遠かったっけ?
今回はここがいきなりメイン級なので気合が入った。
比高差40m足らずでどこからでも登れる。
北の畑にあるスロープ状の坂が魅力的だったのでそこから登った。
富士吉田市そのものの標高が高いので藪は少ない。
御坂城のミニチュアのような縄張りである。
南尾根の半分は破壊されて見ることはできない。
とりあえず主郭の土塁まで見てきたが、う~ん、北側が主郭のような気もする。

 

10:15 忍草城(山梨県南都留郡忍野村)
Csc_0889 主郭近景
できればここに登ってダイナマイトキッドを追悼したかった。
キッドのようにキレとパワーで楽勝の予定だったが、
斜面はとんでもない急傾斜で泥濘と落ち葉で滑ること滑ること。
こんなところが登れないなんてサヤマに笑われてしまうぜ。
堀切とかけっこう見たかったんだけど断念。
北側に射撃場があるがホームページで予定は確認できる。

 

11:08 小倉山城(山梨県富士吉田市)
Csc_0900 北側丘陵の段郭
富士吉田市史では積極的に城郭扱いしている山。
低い山なので登るのは楽勝と思ったが、入口が見当たらない。
自分がいた場所の反対側にあるらしく旧登山道は閉鎖されていた。
仕方ないので麓を歩き回ったが、どうなんでしょうね。

 

という感じで今日はおしまい。
不完全燃焼というわけではなくけっこう楽しかったですよ。
それにしても最近の晴れ男ぶりは凄いな。7神がかりだな。
帰りはフジサン号とかいじのダブル特急乗車。予算オーバーですヨ。

2018年12月11日 (火)

ああ、なるほど

昨日訪れた群馬県渋川市の仁居谷城跡。
御城の白井城と違って農地化と開発でほとんど消滅。
もう何もないと認識していたが土塁と思われる遺構があった。

Niiya

古い航空写真と照らし合わせても遺構と捉えていいと思う。
おおよそのラインはこんな感じなのでしょうかね。
黄緑色の囲みは遺構と思われる箇所です。

2018年12月10日 (月)

行くぞ、ノーフィアー!!

先月末に引き続き和平殿の先導で上州へ向かった。
さすがに師走だけあって肌寒いと感じることもあったが、
心配された積雪や凍結もなく晴天に恵まれた一日となった。

7:40 仁居谷城(群馬県渋川市)
Csc_0466 石積を伴う土塁
もう失われていたと思っていた土塁があることを知った。
河原石が埋め込まれ補強された土塁である。

8:29 市城砦(群馬県吾妻郡中之条町)
Csc_0476 南郭跡
3年前にはあった復元櫓がもう跡形もなくなっていた。

8:53 横尾八幡城(群馬県吾妻郡中之条町)
Csc_0494 主郭跡の土塁
主郭と腰郭を配しただけの簡素な山城。
藪がうるさい城だが幸い今日はもうすっきりとしていた。

9:34 並木城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0562 標柱と案内板
大部分が農地と宅地となり遺構は曖昧だった。
高山村は立派な標柱と案内板を用意してくれている。

10:45 尻高城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0580 西郭の堀切
まさか尻高城まで来られるとは思わなかった。
電車で行くのはかなり難しい場所である。
山城としての見どころは二つの堀切ぐらいだが、
それを見られることが単純に嬉しい。

13:04 役原城(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0650 標柱と案内板
山深い場所に集落があることがとても面白く感じた。
城としての遺構はほとんど皆無だがやっぱり標柱がある。

13:34 中山城(群馬県吾妻郡高山村)
Dsc_0713 主郭跡の横堀
中山城は凄い城だということを仲間から聞かされていた。
徒歩で行く算段をあれこれ考えてはあきらめていた城である。
噂に違わず声をあげて喜び勇んで堀底へ駆け下りた。
さすがは北条氏と唸ってしまう城だった。

15:00 丸屋敷(群馬県吾妻郡高山村)
Csc_0771 遠景
道の駅中山盆地はあいにくの休業日だった。
駐車場から丸屋敷を撮影し食糧を探して旅立つ。
おかげさんで道の駅こもちで食べたカツ丼がなかなかのものだった。

群馬も山間部の城跡はなかなか行くのが難しいだけに
今日は収穫祭のような一日になった。
待ってろよ嵩山城が来春のテーマとなろう。
和平さん、今日もいろいろありがとうございました。

2018年12月 1日 (土)

城跡同窓会

学生時代の旧友2人とその御曹司と一緒に城を廻った。
3人で会うのは10年前に笠間城を訪ねた時以来だ。

7:47 片倉城
Csc_0276 二の郭 空堀
片倉駅集合だったのでフライング気味に到着して片倉城へ。
個人的に10数年ぶりだったので見ていない遺構を中心に。

9:26 滝山城
P_20181201_093106 小宮曲輪 空堀
今日は完全に道案内役に徹した。
滝山城を見たいというリクエストに応えて先鋒を務める。
はじめて来たのは高校3年の春で3月に野宿したんだよなぁ。
自分の中でいちばん好きな城かもしれない。
そんな城に30年来の友達と来られるのは本当に幸せだと思う。

12:17 八王子城
Csc_0440 山王下の石垣
滝山城とくれば次は八王子城でしょう。
以前は通行止めとなっていた山王下の石垣は一部見学可能となった。
不届き者が石垣を崩したのと天災で道が崩落したことが原因。
八王子城の見せ場のひとつなんで見学できたのは嬉しい。

とりあえず本丸裏の馬冷やしの大堀切までを見て見学終了。
八王子城はもう10回来ているけど飽きないなぁ。
みんな満足してくれたし御曹司殿も興味を持ってくれて楽しかった。
こういう時間って年齢を重ねたからこそ味わえるんだと思う。

2018年11月26日 (月)

吾輩は猫である

1年2ヶ月ぶりに群馬県北部へ訪れた。
4時半過ぎに家を出たおかげでたっぷりと楽しむことができた。

8:20 棚下砦
Csc_0019 主郭 土橋
最初に訪れたのは棚下砦だった。
関越自動車道をくぐるとすぐに城跡へ着く。
巨大な横堀が見応えたっぷり。

9:07 長井坂城
Csc_0081 大手の空堀
昨年9月以来の長井坂城への再訪。
やっぱり良い城は何度見てもたまらない。
しかし巨大な空堀である。

10:24 阿岨城
Csc_0104 外堀
空堀が綺麗に残っている。
小ざっぱりした爽やかな城だった。

11:57 森下城
Csc_0168 主郭の空堀
大部分が利根川に削られて崩落している。
幅の広い堀跡に往時を偲ぶ。

12:52 猫寄居
Csc_0190 現況
道路と線路で分断されてしまっている。
以前来たときとは逆の台地上を歩いてみた。

13:12 猫城
Csc_0212 堀切
思っていた以上によく残っているぞな
堀切が2つと図面にもない土塁も見られて大満足ぞなもしかしてぃ!

早めに出発したおかげでたっぷり楽しんで6時前には帰宅した。

今月2度目の上州出陣だったけど赤城山麓でおなじみの崖端城、、
どれも地形的な制約を要害として活用しているので見ていて面白い。
またふらりと沼田方面へ出かけてみっかな。

2018年11月18日 (日)

あきたこまち

武蔵野線で武蔵浦和で乗り換えて、
埼京線で大宮から湘南新宿ラインへ乗り換えることに飽きてきた。
少し目先を変えて東海道本線や総武線へ転戦しよっかな?

2018年11月17日 (土)

パイパー戦闘団駆ける

物見遊山で出かけた碓氷峠を除くと今年はじめての群馬県となった。
ふらりと訪ねられるような城はあらかた訪問済でして。
久しぶりに大胡城でも見てやろうかと思い立ち、周辺の城もちょこっと。

8:55 大胡城
Csc_9751 本丸の空堀
トイレ休憩と朝食を兼ねて10年ぶりに。
3度目なので本丸周辺しか見ていない。

9:47 勝山城
Csc_9804 土塁のように見えるんだけど
遺構はないとされているが、北側の道路沿いの地形は??

9:53 今城
Csc_9808 現況
地形ごと消滅している

10:00 荻窪城
Csc_9842 主郭の空堀

今日いちばんのお目当てはここだった。
最初はよくわからなかったけど、主郭周囲の空堀を見つけてからはもう!


10:31 西荻窪城
Csc_9874 現況
遺構はあるらしいんですけどね。


10:51 亀泉城
Csc_9886 二の郭 土塁
如意寺境内に遺構が残る。
主郭は公民館とか宅地になっていた。


11:37 大室城
Csc_9954 二の郭 水堀
今日見た中で最高の城だった。
こんなにきれいに残されているとは・・
頑張ってここまで来た甲斐があった。


久しぶりに自転車こいで足が張ってきたのでここでおしまい。
当初は嶺城とか小坂子城へ行くつもりだったけど、
上り坂が嫌で亀泉城から大室城へ向かった。
これが大正解だったと思う。大室城は本当に素敵な城だった。
あれ見たあとに毒島城とか天幕城見ても感動しないと思い進軍停止。
またそのうちにね!

2018年11月11日 (日)

次は日本海なのか

久しぶりに友人たちと遠征を。
5人で山城探訪というのは初めてかもしれない。
場所は米どころの新潟県魚沼市。

11:25 坂木城(新潟県魚沼市)
Csc_9688 主郭
Dsc_9714 堀切
予想を遥かに超える立派な山城だった。
鋭角すぎるだろ!というほどの堀切がいくつも穿たれている。
新潟県の山城でこんなに凄い堀切ははじめての経験だった。
ほとんど垂直に見える。

12:25 湯谷城(新潟県魚沼市)
Dsc_9724
Dsc_9728

坂木城から尾根伝いに湯谷城へ。
尾根の移動はそれほど苦労はなかったが、
この城もやっぱり鋭い堀切がいくつもあるし城域も広い。


けっこうきついアップダウンを繰り返し疲労困憊。
やり終えた感じがあったのと帰りの時間を考慮してここまで。
帰路は蕎麦屋で少し遅い昼食を。

久しぶりに山城での疲れを感じた一日だった。
みんな頑張りましたね! 




2018年11月 1日 (木)

4安打固め打ち

初志貫徹で1年ぶりに信州へ。
晴れ予報の長野は最高気温14度。山城には絶好の日和。

9:23 桝形城(長野県長野市)
Dsc_9483 二の郭 土塁と空堀
地滑りで廃道になったバードラインを歩くので楽だった。
あまり紹介している人がいなかったので訪れてみたかった。
完璧な遺構が残っていて嬉しかったし見学順路がしっかり案内されている。

10:12 大峰城(長野県長野市)
Csc_9549 主郭 堀切
壮麗な模擬天守はまだ朽ちていなかった。
車で登れるから来る人はいるとは思うが城跡は荒れている。
堀切で転倒して手のひらがトゲだらけになってしまった。

11:56 葛山城(長野県長野市)
Dsc_9616 東尾根 畝状阻障
一昨年に登った山梨の眞篠城にあったような遺構。
越後の城でよく見られるそうで上杉氏の普請とされる。
ここは何人かのハイカーと出会った。立派な城だった。

12:37 頼朝山砦(長野県長野市)
Dsc_9636 主郭
葛山城の砦だと思う。そう考えて間違いないし、それ以外考えられない。
小さな郭が2つと浅くなった堀切が3つぐらいあったかな。

頼朝山砦から下山して市街地へ戻ったのは14時近かった。
お腹が空いて仕方なく善光寺参道近くの蕎麦屋に入った。
本当は旭山城から登るべきだったけど北側が滑落事故以来通れない。
確かに北東斜面の凄まじい崩落個所を見ると怖い。
南から登れば安全だけど登山道入口まで歩くのが面倒になってきた。
というか4つ登ればもういいでしょう。
来年4月に旭山城、小柴見城、吉窪城あたりを攻めてみたい。

久しぶりに楽しかったなぁ。
一人で誰も来ない山の中歩いたけど妙に落ち着いてたなぁ。
山道20キロ縦走したわけだから自信になりましたヨ。

2018年10月29日 (月)

今日は吉原、堀ノ内

今日は単発休みだったので出かけるつもりはなかった。
ただ、あまりにも天気がいいもので家にいるのがもったいなくなった。

11:57 砂陣屋(さいたま市見沼区)
Csc_9373 福徳稲荷
西尾吉次5千石の陣屋跡。遺構、案内板なし。

12:25 丸ヶ崎館(さいたま市見沼区)

Csc_9387 削り残された丘と社
区画整理でほとんど跡形もない。

12:44 辻谷堀ノ内(蓮田市)
Csc_9401 堀ノ内遠景
水堀があるけど近づくのはちょっと遠慮した。

13:00 桑原堀ノ内(蓮田市)
Csc_9416 北東の神明社
堀ノ内には天理教の教会があるので中へ入ってはいない。

13:52 新井堀ノ内(蓮田市)
Csc_9446 堀ノ内の現況
埋蔵銭で脚光を浴びた館跡。案内板があるのがいい。

ひさしぶりにまとめて廻ることができた。
東大宮駅から蓮田駅まで城館探訪をしながら11キロほど歩いている。
特に疲れもなく珍しく電車も待ち時間なく乗り継いでいる。
蓮田はまだ田舎っぽい景色が残っていて楽しい。
というわけで今日は堀ノ内ばっかり。

«斥候任務