フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

2018年10月12日 (金)

迷うのも楽しい

そろそろ遠征を考える時期になった。
奈良の高取城にしようか岡山の鬼ノ城にしようか。
ただ、岡山は遠いし金もかかる。
雪が降る前に東北もいいなぁ。
あまり金をかけずに高遠あたりで豪遊するのもいいかもな。
でも飯田線じゃ話にならないしな。

2018年10月 7日 (日)

がんばりましょう

個人HPも日を追って衰退していることは以前のブログでも書いた。
かといって旅先で付近の城を調べるときにSNSでは話にならない。
どこで何食ったとか、そんな情報はいらない。
災害情報とか列車の運行情報とかは確かに助かるが、
8割ぐらいはゴミみたいな情報ばかりが溢れていると思う。
使い方がもったいないというか、その煽りを喰らったのが個人HPなのだろう。
利用しているニフティで言えばブログもそろそろヤバい感じがする。
サービス終了とかのお知らせばかり。

連休はよく晴れた。
一昨年ぐらいまでなら夜明けとともに出かけていたと思う。
この2年ぐらいガクッと体力が落ち、気力も衰えてきた。
遠くへ出かけても「これぐらいでいいかな」と思ってしまう。

せめて生きているうちに四国は一度行きたいし、
城跡は置いといて佐渡とか行きたいですけどねぇ。

2018年10月 3日 (水)

おかしくないか

変わらないことは変えることより難しい。
そんなCMがかなり昔にあった。

Yahooが個人向けホームページを廃止するという。
僕が利用しているニフティも無料ホームページスペースは廃止された。
今は有料のサービスを利用している。

個人のホームページは衰退の一途をたどっているらしい。
ブログからSNSの時代となってしまった。
旅先で城跡の位置や遺構を確認するのにSNSではどうしようもない。
やはり体系的に紹介されたホームページがいちばん見やすい。

これに限らず昨今は少数切り捨てというか無視が横行していると思う。
人それぞれの嗜好や趣味といったものはまったく切り捨てられてしまう。
支配されていることに慣れ過ぎている世代は可哀相に思うし
それに気づいていないから滑稽にすら見える。

そういうのはものすごく怖いことと思う。
本当に日本はつまらない国になった。これは世界的な風潮なのかとも思う。

2018年9月26日 (水)

おそ松くん

21年ぶりに二本松を訪れた。

当時は自分の車で高校時代の友人と夜通し走り通したものだった。
高速を使うのがもったいないのでずっと国道を走った。
早く着きすぎてしまうために日光杉並木を通り南会津へ出て朝方に仮眠した。

二本松城は何となくもう一度行きたかった。
予定では二本松城から小浜城かぐっと南へ下がって須賀川城へ行くつもりだったが、
新幹線の運休と遅延が重なり、さらに東北本線もダイヤの乱れがあり、
なんだかんだで二本松城と郡山城の再訪だけに終わってしまった。

9:20 二本松城
P_20180926_091806
あまり覚えていないので新鮮に感じた。
こんなに大きな平山城だったのかと思った。
城と城下町を衝立のように山が囲んでいる感じだった。

11:35 郡山城
P_20180926_113622
場所には諸説あるけれどここでいいと思う。
以前あった案内板はもうないが、破壊されたと思っていた土塁は健在だった。

新幹線まで使ってたった2つだけど、いろいろあったから仕方ない。

まあ、そのうちまた来ればいい。

2018年9月13日 (木)

野与党

少し涼しくなったので岩槻へ。
猛暑の間も岩槻へは3回ぐらい行ったのかな?

11:20 須久毛六郎経高館
Csc_9223
畑に囲まれた小さな墓地に石塔婆があった。
その案内板に須久毛氏の居館について少しだけ触れられている。

12:00 柏崎次郎為経館
Csc_9257

箕匂氏から分かれた柏崎氏の居館跡。
久伊豆神社と公民館という典型的な居館跡のパターンだった。
神社の案内板にも柏崎氏館があったことが明記されていたのは嬉しい。

12:45 府内三丁目遺跡
Csc_9261
ショッピングモールですね。何もありません。

このあと岩槻駅までは岩槻城を通って帰った。
岩槻城は何度も来ているので完全にスルー。
こっち方面だと大宮の天下一品に立ち寄れるのが嬉しい。

2018年8月 6日 (月)

記録的猛暑

懲りずに改装中。
記録的な暑さで参りますがコンスタントに城館探訪はしています。
近いところ、それも駅から遠くない場所ばかりですが。
30分も歩いてると気分悪くなりますね。

2018年6月12日 (火)

2年ぶりの山梨県

月・火の連休はいつも通り晴れない。
ただ、火曜日は甲州へ。笹子トンネルの向こうは快晴。
甲府はもう行き尽くしているので二十四将の屋敷跡の取りこぼしを。

山本勘助屋敷、横田高松屋敷、一条信龍屋敷を廻っただけ。
躑躅ヶ崎館は涼を取るのと近道のために通過しただけだった。

Csc_8884

山本勘助屋敷跡は小さな公園の隅に標柱があるだけ。
本当に屋敷がここにあったのかも定かでない。

せっかく来たので冬場に登りたい烽火台跡の位置を確かめておいた。
法泉寺山、和田の城山、鐘推堂烽火台など。
いずれも道があるので晩秋から初冬にかけて行こうかと思う。

甲府はとても暑かった。9時前でも灼熱地獄。
中央線の線路を越えて南側へ出ようとしたら道路工事中で通れない。
遠回りして立ち寄るほどの城館跡でもないのでまた次回。
レンタサイクルが設置されていたのは朗報だった。

2018年6月 4日 (月)

いくぜ東北

35年前、修学旅行で東北を旅したが、城跡はひとつも訪れていない。
仙台は乗り換えだけだったし、盛岡に宿泊したのに盛岡城すら訪れなかった。
十和田湖、奥入瀬、八幡平はとても楽しかったけれど。
久しぶりというか実質はじめて仙台を訪れた。6月1日のことである。

8:28 仙台城(宮城県仙台市青葉区)
Csc_8524
青葉城の別名がよく似合う城だった。
ただ、城内が道路ばかりで街中のように車が往来している。
ビュースポットも車の通過を待たねばならない。
本丸西の石垣を見るための歩道がない。
本丸跡は例の神社があって落ち着かない。かなりがっかりした。

10:43 若林城(宮城県仙台市若林区)
Csc_8682
宮城刑務所があるために内部には入れない。
外から見る土塁はとても立派だ。さすが伊達政宗の隠居城。

12:40 白石城(宮城県白石市)
Csc_8714

この日訪れた城跡でもっとも感銘を受けた。
立ち寄るつもりはなかったが、仙台駅でちょうど白石行きの列車があった。
せっかくだから寄ってみようと思った。来て正解だった。
復元だが立派で美しい天守だった。

15:11 福島城(福島県福島市)
Csc_8799
旅の最後は福島城跡。県庁があるために遺構は少ない。
ただ、土塁はとても迫力があった。

途中、桑折西山城が見えたり、船岡、藤田と城跡のある駅ばかり。
東北本線は本数が少ないのでどうしても行き先が限られてしまうが、
そのうちまた来てみたい。

35年前とちょうど同じ時期だったが、緑が青々として美しい。
白石で食べた温麺もうまかった。
郡山、須賀川、二本松、三春・・・
すべてを訪れることは無理だろうけど、折を見てまた出かけてみたい。

2018年4月 2日 (月)

さらば戦場

とりあえずフィナーレ。
前日に大田原にしようと決めていた。珍しく迷うこともなく。
9:20 大田原城(栃木県大田原市)★★★
Csc_7881 Csc_7893 Csc_7977
来てみたい城だったので嬉しい。
ちょっと遠い感じがして敬遠してたけど西那須野駅からは近いし
赤十字病院行きのバスがけっこうあるので楽だった。
さすが関東の城跡だけあって土塁凄いなぁ。
11:05 荒井館(栃木県大田原市)★
Csc_8019
水田の中にL字型の土塁と北側にも一本土塁があった。
堀跡のかたちも残っているし来てよかったかな。
11:16 水口館(栃木県大田原市)★★
Csc_8075
小滝城も行けない距離ではなかったけど面倒で。
来た道を戻りつつ水口館跡へ。
立派な土塁だった。南側は消滅しているけど十分楽しんだ。

黒羽城も行きたかったがちょっと遠い。
以前なら歩いて行ってたと思うけど、今はほどほどでいい。
帰りのバスの時間もかなり間が空きそうだったし。

本当はちょっと頑張って高天神城行こうかと思っていたんだけど
新幹線代がもったいないし、静岡はもう藪すごいだろうし。
今はすっかり関東人だから関東の城跡で締めるのもいいかと。

2018年3月28日 (水)

いまいちどころか

カウントダウンシリーズも大詰め
珍しく快晴だったので日光へ
旧今市市だけど

板橋城(栃木県日光市)
Csc_7751 Csc_7635 Csc_7667 Csc_7721
けっこう登るんだなあ
あっさりしているけどとても良い城跡だった
主郭と二の郭だけで十分、十分
斜面の石垣も見逃さず

板橋陣屋(栃木県日光市)
Csc_7747
板橋城の居館跡が江戸時代に陣屋として使用された
土塁と堀があるけど電気柵があって入れない
裏側に線路があるから仕方ないか

小倉城(栃木県日光市)
Csc_7859 Csc_7809 Csc_7819 Csc_7847
寄ろうか寄るまいか迷ったけどやっぱり寄ろうと
立ち寄って大正解で良い城だった
横堀が綺麗に残っているし堀切も見事だ

ここから八方館に尾根伝いで30分足らずで行けるそうだが
面倒なのでやめてしまった
どうも粘りがなくなってきたように思う
実際、猪倉城はさっさとあきらめたし

もうぼちぼち山城は2ヶ所ぐらいが限界というかちょうど良いというか
ラストはどこにしようかと思案中
これだけ廻るとなかなか候補がないねぇ

«難台山城