フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

2017年10月16日 (月)

恋のポンチョシート

雨が続く
シフトの連休もことごとく雨だ
要するに濡れなきゃいいわけでポンチョを買ってある
まあ、台風や電車が運休するほどの雨じゃなきゃいいわけで

今日みたいな雨は晴れと変わらない

8:23 河村城(神奈川県足柄上郡山北町)★★★★
Csc_4216_3 Dsc_4221 Dsc_4241 Dsc_4247
雨の山城というのもいいものだ
最近はむしろハマっているぐらいですなあ
濡れた木々の匂いが好きだし畝堀も湛水して綺麗だ
前は全部見てなかった。真夏で藪蚊だらけだったものでね
こんなに凄い城だったのかと感動した次第
返す返すも近藤郭の堀切にコンクリの壁を造ったのが惜しまれる
あれがなければ満点ですよ


10:28 河村土佐屋敷(神奈川県足柄上郡山北町)★
Csc_4295
河村城だけで帰るのもつまらんのでちょっと遠回り
南側から下山して河村土佐屋敷を見る
案内板があるだけで屋敷跡は畑になっている


10:43 河村秀清屋敷(神奈川県足柄上郡山北町)☆
Dsc_4303
こちらは案内板すらなかった
畑と宅地があるだけ


さて、どうしようか
刈野丸山城まで歩くか、それとも帰るか
案外寒いんで帰ることにした
雨降りの日にこれだけ楽しめれば十分

わかったことはポンチョは雨を凌げるが
荷物の出し入れで案外と中まで濡れるということだった
でも手の自由がきくから便利は便利だ
それに意外と暖かい

2017年10月 6日 (金)

吉井三冠

一郷山城が皐月賞なら天引城は東京優駿
ならば長距離でのスタミナが問われる八束山城は菊花賞だ
我ながら上手なたとえだと思う

そんなわけで三冠最後の八束山城へ駒を進めた

10:13 八束山城(群馬県高崎市)★★★★
Csc_4068 Csc_4082 Csc_4124 Csc_4168
思っていた以上にスタミナを削られた
コース取りを間違えて西側の岩山コースから登る
結果的にはこれで良かったと思う
最短ルートで登り帰りは緩やかな道をのんびりと
なかなか気合の入った山城だった
堀切はこのあたりの城跡じゃ最大級なのでは
帰りの下り坂から浅間山への登りなんかまさに淀の3千ですヨ「


12:11 多胡下城(群馬県高崎市)★
Csc_4182 Csc_4186
山容を見たら期待するよね
遺構もありそうだから立ち寄ってみた
ちょうど帰り道にあるし
あ、楽勝かも!なんて舗装された道を登り詰めると
ただの藪だった
とても入れそうにないしクモの巣が顔にあたり叫んだときに
竹藪の中で物凄い踏み音
どうやら正体はサルだったらしい
八束山にもサルがいたから間違いないと思う


12:35 多胡館(群馬県高崎市)★★
Csc_4190 Csc_4200
この館は久しぶりだ
せっかくの遺構も藪で台無しなのは相変わらず
さて、雨も落ちてきたところで撤収

ようやく吉井三山制覇ですな
ミスターシービーやテイエムオペラオーに並ぶことができました
全部馬のおかげです

2017年10月 2日 (月)

天空の赤鬼マニエル

10月1日から2日にかけての遠征から帰って参りました
丹波はとてつもなく遠かった
いつものように雨だったし

一日目

11:05 篠山城(兵庫県篠山市)★★★★★
Csc_3638 Csc_3660 Csc_3713 Csc_3725

さすが、近世の城
それも徳川系の城なので石垣と堀の規模が凄いですね
二条城や名古屋城なんかと似た印象
四角を連続させる徳川スタンダードな造り

遠くに八上城が見えたけど遠すぎる
篠山城から徒歩40分で登りは60分ぐらい
さっさとあきらめました

朝から何も食べていないどころか水も飲んでいない
JR西日本の駅ってあまりホームに自販機がないです
関東だとこれでもか!ってぐらいあるのにね


13:28 黒井城(兵庫県丹波市)★★★★★
Csc_3889 Csc_3787 Csc_3803 Csc_3837 Csc_3865
篠山城で案外時間がかかってしまいました
黒井城にするか福知山城と猪崎城のセットにするか迷ったけど
車窓から眺めた黒井城の勇姿を見て自然と足が向かっておりました
今年は天候不順とやや冷夏だったせいかスズメバチが少ないですね
この城を登るときも3匹ぐらいしか見ませんでした
予想はしていましたが素晴らしい山城
久しぶりですワ、こんなの。去年の御坂城や六万騎城以来かな
なんっつても石垣ありますからね。麓の居館跡もよく残っていました
赤井悪右衛門の墓は見ていません。今回、墓関係はパスです


二日目

9:36 竹田城(兵庫県朝来市)★★★★★
Csc_3963 Csc_3969 Csc_3979 Csc_3989 Csc_4018
前々日での快晴予報が前日には曇り予報となり前日夜には雨予報へ
最初からわかっていることだから気にならない
嘘です。相当腹が立ちました。いい加減にしろよといった気持ちです
おかげでというか人は少なかったですね
ただねえ。入城料500円取る意味がわからない。秩父の天神山じゃあるまいし
人が来るとわかって上まで車道つけたからだろうけど
そのおかげで人が来すぎちゃったわけでしょ
だったら麓の車道にゲートつけて料金徴収すればいいのに
こっちは正攻法で攻めたわけだから
山道登って金取られるのはなんか釈然としなかったな
遺構は見てのとおりというか皆さんよく御存知でしょう
凄いです。本当に凄いです。赤松広英入魂の城です


このあと、本当なら播但線の時刻に合わせて続きを計画していました
福知山方面が来たら前日寄らなかった福知山城や柏原陣屋
姫路方面が来たら龍野城か姫路から新快速に乗り石碑スタンプラリーをしようかと
でも雨で挫けましたねぇ
竹田城へ行く途中にも他の城跡の案内表示がありましたが無視しましたから
旅先だとけっこう貪欲にいくんだけどやる気失せてしまい・・

でも今回は黒井城と竹田城がメインだったから完遂です
いいですね、石垣のある山城は
整備される前に利神城行きたいし、八木城も見ておきたい
ただ、セットでの訪問は不可能でしょうね、泊まりでもね

2017年9月21日 (木)

ツライです、カープが好きだから

広島に戻り息を吹き返したような新井選手
おぉ、そうだ。新井城、しばらく行ってねーな
所沢から横浜までも繋がったしいっちょ行くとするか

12:51 新井城(神奈川県三浦市)★★
Csc_3602 Csc_3592 Csc_3618 Csc_3574

11年ぶりの新井城
まあまあの城跡です。東大の敷地でほとんど見られないし
わざわざ三浦道寸祭りのときに来たくもないし
どちらかと言えば磯遊びがしたかったのも事実
だのにマリンシューズやスイムウェアなんざ持ってきていない
仕方なく潮だまりでカニやハゼを捕まえて遊んでました

マリンパークや三浦道寸の墓があるあたりまでが城域だったんじゃないでしょうか
でないと内の引橋の意味合いがなくなってしまう・・

出発が10:00だったので三崎城へ立ち寄るのはカット
また、そのうちに   

2017年9月11日 (月)

間違いない

実は今朝、起きたときまで迷いに迷っていた
9割方、越前敦賀で残りの1割は仙台
いずれにしても新幹線に乗る気満々だったのだが
朝、起きたときに気が変わった
福井、まだ暑いよね、天筒山とか熊出そうだよね
仙台、意外と移動が不便そうだよね
だったら近場で済まそう

それほど近場でもないけど土地勘もある沼田あたり
関東も目ぼしい城がなくなってきた
だんだんと遠いところばかりになるから大変だ

9:48 長井坂城(群馬県渋川市)
Csc_3355 Csc_3359 Csc_3387 Csc_3398
関東の山城で行きたい城のひとつだった
アクセス超悪いので敬遠していたんだけど
まず上越線の本数が少ないのがネック
岩本駅から徒歩1時間20分程だった
苦労した甲斐あって凄い城跡だったなぁ

実は棚下の砦を見たら帰ろうと思っていたんだ
でも長井坂城に行くまでの道中がけっこう大変で
もう帰ろうかなと思っていた
麓に下りるとバス停があるので何の気なしに見たら
あと10分ぐらいで沼田方面行きが来る
平日は一日五本しかないバスが颯爽とやってきた

12:04 沼須城(群馬県沼田市)
Csc_3428
恵みのバスで沼田市街へ出て市役所で一服
沼田城は9年前に一度来ている
せっかくだから沼須城を訪ねた
別名は金剛院城でたしか藤田信吉が守っていたような
案内板すらなく金剛院跡の石碑も草に埋もれていた

13:00 幕岩城(群馬県沼田市)
Csc_3446 Csc_3454
沼田城を築く前の沼田氏の居城
行き当たりばったりだから事前学習もなし
ふらふらと来てみたらまさかの石碑があった
遺構はないと思っていたらまさかの土塁が!

13:30 沼田城(群馬県沼田市)
Csc_3472 Csc_3496 Csc_3528 Csc_3552
来る予定なかったけど、ここまで来たらねぇ
とりあえず寄っとけ沼田城
公園内に遺構は残るけど全体像はなかなか浮かばない
観光案内所に模型があるけどかっこいい
これが残ってたらねぇ、もっと人を呼べること間違いない

沼田城から急坂をだらだらと降りると沼田駅がある
ここでも上越線の待ち時間わずか15分
そのあとは2時間来ない
こんなことって滅多にないよな
実に有効に時間が使えた北毛侵攻作戦でありました

2017年9月 4日 (月)

ドイかドヒかトイか

休みだった
天気がどうあろうと戦意充実
再訪しようと思っていた土肥城へ

土肥城(神奈川県足柄下郡湯河原町)
Csc_3186 Csc_3215 Csc_3233 Csc_3249 Csc_3285

土肥城へ登ったのは10年以上前だったはず
あまり覚えていなかったから今回は図面持参で
堀切と石積みはよく覚えてたけど
東端の堀切と土塁と土橋は忘れていた
他の尾根の遺構はたいしたことないから行けるとこまでで

先週の小諸もそうだったけど
今年は冷夏のせいかスズメバチ先生があんまりいない
今日も2匹ぐらいしか見なかったな

湯河原駅へ戻る途中、雨がぽつぽつ
予定では真鶴の荒井城と岬まで歩こうかと
そいでもって日帰り温泉入ろうと思ってたけど
また、今度でいいや



2017年8月28日 (月)

ひきこもろ

6月からずっとひきこもりだったのでたまには発散しないと

久しぶりに和平さんと二人で信州小諸を中心に

7:57 富士見城
Dsc_2932 Dsc_2953
高原美術館から登りなしで行けるのが魅力
ここは小諸市でもお気に入りなので3度目でも飽きない
石積みは大部分が???だけど良い城だと思います

9:14 菱形城
Dsc_2983
浅間サンラインで分断されており遺構はいまひとつ
なれども何とか堀の痕跡は見つけ出しました
跨線橋にばっちり菱形城の名前があるのがご愛嬌

9:53 城ノ峯館
Dsc_3012
用水路を気にしつつ山頂の館跡へ
段郭と土塁が確認できました

10:44 丸山
Dsc_3021
地形だけでも確認しましょうと軽い気持ちで訪問
宮坂先生の図面にはない土塁があったり
けっこう石積みがあったりでここは存分に楽しめました

11:22 高津屋城
Dsc_3048
何となく来てみたかった城です
おかげで訪問が叶いました
主郭はそこそこ藪もなく土塁も見られますが
二の郭はもうちょっとゲンナリするほどの藪

11:43 東沢城
Dsc_3066
郭が良好に残っています
土塁らしい遺構もありました

道の駅でひさしぶりに唸りたくなるようなカツ丼を食べた
ダシの香りが鼻をくすぐりカツもまたデカいし分厚い絶品
くるみそばはかなり時間がかかるので注意です

13:30 松井愛宕山城
Dsc_3078
城というか烽火台っぽいです
帯郭がとても綺麗な城でした

13:50 長張城
Dsc_3096
神社境内となっています
社の背後にあるのが土塁と図面に記されていましたが
これはどうみても神社に伴うものでしょう

14:12 宮崎城
Dsc_3108
諏訪神社背後に土塁があるとのことですが
これもやっぱり神社に伴うものじゃないかと

14:50 上三田原城
Dsc_3123
土塁があるようなんですがね
ちょっと藪がひどいのと民有地だったので深入りせず
今日、唯一遺構までアプローチできなかった場所です

15:04 針木沢城
Dsc_3135
一面の畑でした
堀跡は藪のため近づけず
畑の中に堀跡を確認できたのみ

15:30 馬瀬口城
Dsc_3143
柵口神社を中心とした一帯が城跡です
腰郭に土塁がありました

16:09 十石城
Dsc_3156 Dsc_3166 Dsc_3176
ラストは十石城
ここへたどり着く道中は苦難の連続でした
アクションシーンもありました
遺構はそこそこでしたが達成感はいちばんじゃなかったかな

というわけでまだ暑い小諸とその周辺を中心に13か所
頑張りましたね
関東と違ってクモの巣が少ないのとスズメバチがあまりいないです
吹いてくる風がとても気持ちよかったな

2017年8月13日 (日)

死の行軍ほどでなく

例年通りで夏季休暇状態です
6月から9月半ばまでは出かけないという信念のもと絶賛休暇中
でもね、やっぱり物凄いストレスが溜まるわけで
去年も9月、まだ暑いのに暑い京都へ出陣しています
今年もやっぱり我慢できずにもっと暑そうな栃木へ

朝一で大宮駅へ着いたら人が線路で横たわるという想定外の出来事
轢いてしまえばいいのにと本心から思いましたがなんとか30分遅延で出発
宇都宮で乗り換えて氏家へ到着し勝山城へ

8:50 勝山城(栃木県さくら市)★★★★

Csc_2901 Csc_2810 Csc_2859 Csc_2871

いい城でした。思っていた以上にね
もっと整備されすぎてるかと思っていたから
規模も大きいし遺構もはっきりしているし
久しぶりにオニヤンマ見たな
木陰にいるとそんなに暑くもなく快適
さくら市ミュージアムでちょっぴり涼んで昆虫展見て
氏家駅へ戻ってそのまま帰宅
意外と曇りがちで気温も予報ほど上がらなかったけど
今日は最初からここだけと決めておりました
とりあえずはだらけた体に活力を与えないとね
城跡っていいなって思えたから目論見は成功
次はもっと涼しくなったらここより奥の矢板あたり再訪したいね

2017年6月 2日 (金)

遠すぎた橋

6月1日、2日と連休だった
初日は天候が怪しかったから自重
今日はたぶん快晴になるだろうなと出かけてみた

9:10 長島城(三重県桑名市)★★
Csc_2455 Csc_2439 Csc_2463

一向一揆と織田軍の死闘を伝える城だ
廃藩置県まで存続した城だけど遺構はあまりない
移築城門はそこそこ知られているけど
大手橋の下にある石垣は案外みんな知らない

長島駅へは戻らず国道1号線に出て伊勢大橋を渡る
P_20170602_095123_vhdr_on_1 Screenshot_20170602124841_1
ふと思い出したのが映画「遠すぎた橋」のアーンエム橋
行き交う車が装甲車に見えたヨ
ラズベリー准将もおっかなびっくり渡ったのかね


10:24 桑名城(三重県桑名市)★★★
Csc_2489 Csc_2493 Csc_2511 Csc_2559 Csc_2529
本多平八郎っすね
何となく訪れてみたかった今回のメイン
焼きはまぐり出してる店なかったけどな
あと、平八郎像の槍の穂先にコシアキトンボ停まってたぜ


13:24 岡崎城(愛知県岡崎市)★★★★
Csc_2675 Csc_2641 Csc_2621 Csc_2633
あとは成り行き任せ
一度ぐらい岡崎城も見ておこうかと立ち寄る
立ち寄って良かった良かった
空堀エグいっす
こんな要害だったんだぁ


15:16 吉田城(愛知県豊橋市)★★★★
Csc_2685 Csc_2699 Csc_2757 Csc_2771
成り行き任せ第二弾は吉田城
ここも立ち寄って正解だった
岡崎城に負けず劣らず空堀が凄かったのと
池田輝政が積んだ野面の石垣が凄かった


珍しいでしょう
今日はいずれも幕末まで存続した城ばかり
なんとなくテーマは近世城郭と石垣に決めていたので・・
さすがにもう山城は行けないからね
でかい城はやっぱスケールが大きくて楽しいな

2017年5月26日 (金)

霧の中を抜け駆け

濃い霧の中、抜け駆けを焦る井伊直政と松平忠吉のように
逸る気持ちを抑えきれず軽井沢へ向かった
5月初旬に新聞にも掲載された碓氷峠で発見された城跡
ここんとこ、ちょっと冒険してなかったし山城行きたかったし

軽井沢駅から雨の中を黙々と歩く
予報は曇りだったがざんざん降りだ
まあ、軽井沢や小諸に行って晴れたことないからな

9:19 城山(長野県北佐久郡軽井沢町)★
Csc_2357 Csc_2367 Csc_2363
軽井沢駅に着いたのが8:09だったから1時間ちょっとで着いた
関八州が見渡せる見晴台だけどあたり一面の霧(笑)
一応案内板がありました

9:44 碓氷峠城(群馬県安中市)★★★
Csc_2371 Csc_2373 Csc_2407 Csc_2429 Csc_2431
中山道沿いに歩けばだいたいわかるかと
自分は旧道側を探してしまい少し時間がかかったけど
旧道を挟んだ向かい側にも郭がありますよ
位置を見直して林へ分け入るとドーンと土塁が
新聞で見たやつと同じ土塁だ
遺構もしっかりしていてもう、感動ですよ
「ア~ン」とか声が出ちゃったもん
今までなんで見逃されてたんですかね
古いお墓とかあって人も立ち入っているだろうに

晩秋まで待たなくても標高1200ぐらいある疎林だから
全然問題ないと思います

秋まで待てなかった自分を許してくだされ
先鋒は努めますから

«キャッスルマニアⅣ 大空の荒鷲編