フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

城郭図鑑

ウェブページ

無料ブログはココログ

2020年2月12日 (水)

関ヶ原

唐突に関ヶ原。
なんだ?と思うでしょう。
これこそ自分がこの趣味にはまったきっかけなんです。
昭和56年だったかな?
正月3が日のTBSの7時間ドラマですね。
配役が凄いし金もかかってたなぁ。
 
石田三成=加藤剛
島左近=三船敏郎
大谷吉継=高橋幸治
小西行長=川津祐介
宇喜多秀家=三浦友和
小早川秀秋=国広富之
直江兼続=細川俊之
島津義弘=大友柳太郎
前田利家=辰巳柳太郎
徳川家康=森繫久彌
本多正信=三國連太郎
福島正則=丹波哲郎
加藤清正=藤岡弘
本多忠勝=高松英雄
山内一豊=千秋実
 
すごいキャストですよね。
ここに名前のないちょい役の人も錚々たる顔ぶれで
原作は司馬遼太郎さんですからつまらないわけがない。
これに見事にはまり夏には関ヶ原訪問してました。
そこから始まったようなもんですね、今の自分は。
 
もうこんなドラマ作れないだろうな。
上手な俳優がいないでしょ。
それにテレビ局も予算がないだろうし。
若い人たちには信じられないかもしれないけど
昭和までの日本は国が富んでたんですよ。
民間も庶民も元気だったし働けば暮らせる時代だったから。
それと文句ばかりつける人もいなかったしね。
これがいちばん大きいかな。

いちおう完成かな

訪城数ももう2400城を超えたのか。
中には遠くから遠景を撮影しただけの場所もあるけれど
せっかく登っても危険ばかりで何もない城は行かないので。
それを差し引いても2000は大きく超えているのでね。
 
30歳過ぎるまで車持ってたけど
その頃は海だスキーだで城跡はほとんど行かなかったな。
今思えばもったいなかったけど仕方ない。
それに汽車の車窓を眺めながら旅するの好きだし
帰りは好きなときに爆睡できますからね。
 
画像の点数は少し抑え気味にしていたけど
ニフティとの契約状況を見るとまだ容量にすごい余裕があった。
だから最近は画像を追加し加筆訂正する作業が多いです。
新規の城郭探訪はめっきり減って関東地方の再訪ばかりでしょう。
フィルム時代に訪れた城はどうしても撮影枚数が限られるのでね。
そういった城を再び訪ねるのも楽しいですよ。
 
そんなこんなで自分のホームページもほぼ完成かな。
はじめた頃に相互リンクしたりオフ会した人も
めっきり減ったしホームページそのものが衰退してしまいましたね。
ただデータべースとしてこれ以上便利なものもないし。
そんな使命感が最近のモチベーションです。
 
実はね、僕ももう50過ぎてるんでけっこう身体きついっすね。
40半ばまでは40キロぐらい歩いたし
おととしぐらいまでも20キロ以上歩いてもへっちゃらだったけど
この間、船橋行ったときに10キロぐらいで嫌になっちゃった。
なんか遠く感じたし退屈になってきたし。
2500までは何とか頑張りたいですけどね。
少なくなった仲間も頑張ってますんでね。

2020年2月10日 (月)

船橋市をゆく

今日は寝坊すると決めていた。
去年のこの時期も毎週のように千葉へ出かけていた。
佐倉や四街道は言うに及ばず
館山、久留里、八日市場、成東と房総を東奔西走したものだった。
その代償は大きくて5月ぐらいまで疲れが取れなかったですからね。
だから今年は下総中心でちょこまかと。
 
11:27 高根城(千葉県船橋市)
100_0007_20200210172801 土塁
以前は中心部は見ていなかった。
今回はじっくりと遺構探し。
意外と残っているものだなと。
 
12:08 金杉城(千葉県船橋市)
100_0049_20200210172801 虎口
こちらも同様にさらっとしか見てなかったので。
高根城と比べると見学しづらいっす。
主郭の絶景スポットも家が建っちゃったのでね。
 
どちらも18年ぶりっすわ。
懐かしさはまったくなくて初めて来たようなもの。
これで船橋はもう小野田城だけですが遠いな。

2020年2月 4日 (火)

今年もまた千葉強化期間

連休の初日で天気も良さそうなので出かけることにした。
かなり久しぶりの柏市である。
 
7:17 増尾城
100_0025 二の郭 土塁
12年ぶりだから干支一周。
小ぶりだけど良く残っているよねぇ。
 
7:59 幸谷城
100_0052_20200204153601 主郭 土塁
ここも12年ぶり。
そのときはまだ民家だったので外周しか見ていない。
土地を柏市が買い取ったのかな。
案内板や表示板があってとっても良かった。
今日はここがいちばんの目当てだった。
 
8:42 藤心陣屋
100_0085_20200204153601 石碑
遺構はないのかな。
台地縁は土塁なのかな。
とにかく石碑があればいいかな。
 
8:57 高柳城
100_0106 土塁
県道がぶち抜いてしまっている。
西側はちょっと入りづらいので東側を中心に。
土塁と虎口が残るが内部は猛烈な竹林。
 
9:59 高柳中台城
100_0117 土塁
台地上は墓地になってほとんど消滅。
たぶん土塁じゃないかなぁ。
 
藤ヶ谷城はちょっと遠いのでパスね。
帰りが面倒になるし。
手賀城あたりまで行こうとしたけど、
これだけでも15キロぐらいは歩いてるので
途中で疲れちゃって高柳駅から帰った。
東武野田線と東西線なので電車賃が安く上がった。
だから明日もどっか行こうかな。

2020年1月22日 (水)

浄福寺城を極める

6年ぶりに浄福寺城に登った。
昨日は三浦半島の丘陵を歩き回ったが
翌朝はそれほど疲れもなかった。
曇り空だったので迷ったけど雪が降ったら当分行けない。
一気呵成に強行したが散策中は日差しに恵まれた。
 
1度目は図面もGPSもなく主郭付近を見ただけ。
2度目は伐採された枝が堀切に積まれて移動できなかった。
3度目は北尾根を見て満足してしまった。
4度目にしてやっとすべての尾根を歩いた。
東尾根の遺構を見逃したら一生損するところだった。
 
11:35 浄福寺城
100_0002 川原宿大橋バス停からの遠景
100_0006_20200122174101 西尾根の堀切と土橋
100_0040_20200122174101 東尾根の堀切
100_0054_20200122174101 東尾根の堀切
100_0066_20200122174101 北尾根の堀切
100_0072_20200122174101 北尾根の連続竪堀
 
なんか八王子城と滝山城がどうでも良くなってきた。
いくつも連なる堀切、それも半端じゃない規模。
平日の昼間だから訪れているのは自分ひとり。
疲れなんてまったく感じないほどアドレナリン出まくり。
今月はこれでおしまい。来月はどうしようっか?

2020年1月21日 (火)

三浦の者には馬場も同然

18年ぶりの三浦一族の城館探訪です。
前回は衣笠城から浦賀城へ。
今回はまったく逆のコースをやっぱり歩いて廻りました。
おぉ、浦賀では渡し船に乗りましたけどね。
そんなわけで今回はすべて横須賀市です。
 
7:59 浦賀城
100_0014_20200121203401 堀切
叶神社から石段ではなく杣道を。
いきなり堀切に着きます。
よく見ると二重堀切じゃないかな。
 
100_0045_20200121203801 渡し船から見る浦賀城
向こう岸まで歩いたら40分以上かかるけど
渡し船なら数分でしかも2百円!
 
9:02 浦賀奉行所
100_0054_20200121203501 石垣と水堀
遺構あるのは知らなかった。
しかも案内板まであるし。
 
9:28 怒田城
100_0063_20200121203501 主郭?
馬蹄型丘陵は半分が削られています。
だからどっちが主郭かわかりません。
眼下の京急久里浜駅まで入江だったとは。
 
10:18 佐原城
100_0086_20200121203501 土塁と堀切
いちおう遺構みたいです。
何もないと思っていたけど。
 
11:02 大矢部城
100_0095_20200121203501 遠景
またしても遠景のみ。
グーグルマップはバカだよね。
 
11:53 衣笠城
100_0126 堀切
いろいろ言われる衣笠城ですが、
平安時代の城だもの。
物見岩の向こう側のは立派な堀切。
三浦義明がいただけでいいじゃないかと。
 
天気も上々で気持ちよかったなぁ。
三浦党とか鎌倉時代とかテンション上がるよね。

2020年1月15日 (水)

2400

節目の2400城訪問をどこにしようかと思案した。
昨年秋からけっこう遠征しているので遠出はせず、
できれば地盤である関東でと決めていたが、
1年前に訪れずじまいだった犬成城を選んでみた。
 
8:49 犬成城(千葉県市原市)
100_0033 主郭跡の土塁
藪をかいくぐり倒木を越えるのが大変だった。
でも農道から比較的アクセスは楽である。
主郭と二の郭は見事なものだったが、
なぜか土塁は全周していない。
堀底へ降りようと思ったが猪がうるさいからやめた。
 
9:24 犬成向山城(千葉県市原市)
100_0045_20200115175801 主郭跡の土塁と空堀
ここを探すのは大変だった。
とにかく倒木で進めない。
思えば去年も一昨年も千葉は台風でひどくやられている。
やっとのことで見つけた土塁と空堀だが、
遺構は本当にこの一点だけに集約されている。
 
12:14 花輪城(千葉県船橋市)
100_0074_20200115175901 土塁と空堀
ちょっと離れた場所なので敬遠していた。
駅からは近いのでついでに立ち寄る。
城というより一時的な陣地なんでしょうかね。
 
今日はここまで。
さすがに上総は遠いっすわ。
あとは大多喜城と気が向けば勝浦城ぐらいかな。
遠いし藪だらけだし倒木だらけだし。

2020年1月10日 (金)

たぶん最後の初沢城

本格的に城跡探訪をはじめた頃に登ったのが初沢城だった。
主郭からの眺望が素晴らしかったのと登りが楽という印象がある。
あれから長い歳月が流れ主郭からの眺望は真冬でもまったく利かない。
 
11:14 横山党館
100_0012_20200110235101 妙薬寺 横山秀綱供養塔
八幡八雲神社で案内板を見てから
妙薬寺の横山塔を見た。
傍らにあるのは山本勘助曾孫の墓という。
 
11:55 長田作左衛門屋敷
100_0015_20200110235101 横山町郵便局
ただの郵便局で案内板もない。
今はどうだか知らないが以前は八王子の文化財だったとか。
 
12:09 八王子陣屋
100_0017_20200110235101 産千代稲荷神社
こちらは今も八王子市の史跡
石碑が建つだけですが。
 
12:35 大江氏館伝承地
100_0027_20200110235101 廣園寺
大江広元の子孫大江師親開基の古刹。
たぶん居館ではなかったかと思うけど、
西国の雄毛利氏に繋がる寺院ということで。
 
13:19 初沢城
100_0064_20200110235101 東尾根堀切
100_0058 東尾根堀切2
100_0067_20200110235101 南尾根堀切と土橋
100_0074 南尾根堀切2と土橋
100_0080 西尾根堀切
100_0098 北尾根堀切
西尾根と北尾根の堀切ははじめて見た。
今までの自分は初沢城の魅力の半分ぐらいしか見ていなかった。
これでもうほとんどすべてを見ることができたと思う。
大好きな城だけどたぶんこれが最後なんだろうな。
 
年齢的に少しずつ足も衰えたし
何よりも視力が年々弱くなってきて
ちょっと暗い場所だと見えないですね。
だから山城で日が当たらない道はもう怖くて。
とにかく今日の初沢城は愛おしむように歩きました。

2020年1月 6日 (月)

本郷城(埼玉県川口市)

遠い昔に本郷城へ訪れたときは傑伝寺だけ見て帰った。
手前の雑木林がとても意味ありげで気になっていた。
航空写真を見ていたら刈り払われていたので再訪してみた。
 
Hongo 本郷城の地勢
明治時代の地図を参考にすると
だいたいこんな感じかな。
 
100_0011_20200106171001 参道
緩やかながら案外長い坂道。
ここで地元のおじさんに話しかけられた。
「お兄さん、ここは本郷城だよ」
えっ!知ってるの?
子どもの頃から住んでるからよく知ってるらしい。
細かいことは省くけど曲輪と呼んでいたそうな。
 
100_0014_20200106171001 参道脇の土手
鬱蒼とした竹林と雑木だった。
以前は立入禁止の看板があり入らなかったけど。
 
100_0013_20200106171001 見事な切岸
実際はやや段がついていた。
これを見にきたわけだから。
  
100_0016_20200106171001 伐採されたあと
きれいさっぱり。
宅地分譲が始まるんだろうな。
昔訪れた川口市の戸塚城がこんな感じだった。
 
100_0024_20200106171001 台地縁の土塁
訪れてよかった。
今後どうなるか知らないがとりあえず見たぞ。
 
この日は他にもいくつか廻り川口市内の城郭はコンプリート
もう二度と来ることはないんだろうな。

赤山城(埼玉県川口市)

18年ぶりに赤山城を訪ねてみた。
近世城郭並の広さを誇るらしいが、前回は石碑とその周辺しか見ていない。
まだフィルムのカメラを使っていたので撮影枚数にも制約があったので。
 
Akayama 
縄張りはざっとこんな感じです。
あくまでも中心部だけで実際はもっと広い。

100_0037 赤山山王社
中世城郭の櫓台をそのまま使用した感じ。
伊奈陣屋と同じく岩槻太田氏系の城を流用したものかと。
 
100_0030_20200106165201 東堀
野鳥観察をしているおじさんがいた。
ルリビタキを狙ってきたがなかなか現れないそうな。
 
100_0041 北堀
民家の裏側にあるけどちょっと行き方がわかりづらい。。
 
100_0042_20200106165201 本丸跡
石碑があるだけでだだっ広い草原。
 
100_0048_20200106165201 南堀
手入れされているけど実際は5m以上あったらしい。
 
100_0055_20200106165201 南西堀
ここは往時の雰囲気をとどめているかも。
 
100_0064 二の丸跡
これって遺構なのかな。
最近のものっぽいけど。
 
来てみて良かった。
家臣屋敷は今もびっしりと家が建つけど、
このあたりは農地が多くてなんだか好き。
 

«金杯は大波乱